2016年07月17日 (日)

今日のお題:桐原健真「書評:米原謙著『国体論はなぜ生まれたか : 明治国家の知の地形図』」『日本歴史』2016年06号、817号、107-109頁

目次
序 章 国体論という磁場
第1章 「国体」の発見
第2章 神々の欲望と秩序――幕末国学の国体論
第3章 「地球上絶無稀有ノ国体」を護持するために――岩倉具視の構想
第4章 自由民権運動と明治初期の言論空間
第5章 歴史認識をめぐる抗争――明治二〇年代の国体論
第6章 裕仁皇太子の台湾行啓――「一視同仁」の演出

近世から近代を越えた議論は大変だなぁということを改めて思うわけでございます。
 したがって、その筆はおのずから長いスパンを覆うこととなる。事実、本書に登場する人物や事件は、江戸中期の儒学者である荻生徂徠から摂政宮裕仁の台湾行啓(一九二三)にまで及ぶ。

 こうした試みは、極めて野心的なものであり、筆者のような学識を俟って初めて可能なものであると言えよう。なぜならば、日本歴史の叙述において、近世と近代の間には、あまりにも大きな文法(ディシプリン)の相違が横たわっているからである。

 かつて福沢諭吉は、維新後のみずからを省みて、「一身にして二生を経るが如く一人にして両身あるが如し」(「文明論之概略緒言」一八七五)と喝破した。近世と近代という時代は、政治的・社会的環境はもとより、文字通り文法も大きく異なる。こうした両者を架橋した叙述は、タコツボのなかでの語りを専らとするものには困難な作業であると言ってよい。

2016年06月19日 (日)

今日のお題:桐原健真「The Birth of a Myth: Civil War and Sacrifice in Early Meiji Japan(神話の誕生:初期明治日本における内戦と犠牲)」生成人類学会会議第10回夏季国際学会(The Generative Anthropology Society and Conference)、Guest Presentations by the Kinjo Occult Research Group、名古屋市・金城学院大学、2016年06月19日

It is often said that the modernization of Japan was a smooth and peaceful transition. However, in fact, the Meiji restoration did not prove to be successful without sparking a huge civil war, the likes of which Japan had not seen in four hundred years. This was called the Boshin Civil War (1868 – 1869), fought between the pro-Shogunate army and the New-government army. After this civil war, with a front extending over the eastern part of Japan, the New-government enshrined more than three thousand fallen soldiers as the tutelary deities of “their own nation” in Tokyo Shōkonsha (the shrine to summon souls), which is now the controversial Yasukuni Shrine. It can be said that they were sacrifices to establish the new régime of the so called "Meiji State." However, there was a stringent rule to sort the souls of dead soldiers, since, as with Valhalla, not all fallen soldiers were enshrined in this shrine. This was the birth of the myth of modern Japan. This paper will describe the construction of this myth by throwing light on the relation between enshrining and using dead soldiers as sacrifices.

しばしば日本の近代化は円滑にして平和裏な進行であったといわれる。しかしながら、実際には、明治維新は、それまでの400年間に日本が目の当たりにすることがなかった大規模な内戦無しに成功をもたらすことができなかった。この内戦は、旧幕軍と新政府軍とによる戊辰戦争(1868-1869)と言われる。戦線を東日本全域に展開したこの内戦の後に、新政府は三千以上の戦没者を「彼ら自身の国」を護る神として東京招魂社(魂を呼び戻すための東京にある神社。現在物議を醸している靖国神社)に祀った。彼らを「明治国家」と呼ばれる新体制を樹立するための犠牲であったと言ってもよい。しかし、すべての戦没者がこのヴァルハラのような神社に祀られたわけではないように、そこには戦死者の魂を選別する厳しい論理が存在していた。それは、近代日本における神話の誕生であった。本発表は、招魂と犠牲としての戦死者との関係に光を当てることによって、この神話の構造を明らかにするものである。

2016年05月29日 (日)

今日のお題:吉田松陽

先日、とある所で、吉田松陰のお話しを一席打ったわけですが、先方の研究所で研究員をなさっている中国出身の方に、「吉田松陰について調べようと思ったら、「吉田松」だけで、予測変換に「吉田松陽」と出てくるんですよね」と言い始めて、ひたすら吉田松陽の説明を始めるではありませんか。

吉田松陽 (よしだしょうよう)とは【ピクシブ百科事典】
http://dic.pixiv.net/a/%E5%90%89%E7%94%B0%E6%9D%BE%E9%99%BD

どうなんですか、それ。

っていうか、おそらく満場でこのネタ分かっているのは、話をしている当人と、当方だけではないのかという凍り付く現場。

まぁ、現代メディア論を専門にしている方に何かコメントさせようというのがそもそもの誤りとも申せます。

で、吉田松陰より吉田松陽の方が有名などという、そんな事態かホントにあるのかと思って、試しに調べてみました。検索エンジンは、中国大陸が誇る百度と、みんなのGoogle先生でございます。

で、まずは、吉田松陽ですが、

 検索エンジン  ヒット件数 
百度111,000
Google123,000

となっております。おおむね同じくらいですかね。まぁ、ローカルな検索エンジンとしては優秀であると申せましょう。

じゃぁ、吉田松陰はどうなんですか〜、と申しますと、

 検索エンジン  ヒット件数 
百度187,000
Google569,000

となっております。

えっと、百度での吉田松陰のヒット数がエラク低いんですが…。おおむね、googleの1/3くらいしかありません。

つまりは、吉田松陽は、百度では、googleの3倍有名であるともうせます。そりゃ、予測変換の第一位に来るはずでございます。

なんと申しますか、百度恐るべしと申しますか、どんだけサブカル天下なんだろうなぁと思う次第。


2016年05月07日 (土)

今日のお題:桐原健真「帰一協会の思想史的意義とその可能性:渋沢栄一を軸として」、パネル6「帰一協会と渋沢栄一」、東アジア文化交渉学会・第8回年次大会、2016年5月7日、吹田市・関西大学

すっかり忘れていましたが、バタバタと発表をしてきたのでした。

正直、自分が何をやっているのかよく分からない日々が続いておりますが、とにかく生きておりますので、どうぞ今後とも生温かくお見守り下さいますよう。

で、要旨でございます。
「階級、国民、人種、宗教の帰一」を合言葉とした帰一協会は、その広範な参加者を得ながらも、必ずしも大きな成果を残さなかったようにみえる。

たしかに、協会の経済的支柱であった渋沢栄一の死去や、思想的中心としての姉崎正治の東大退職などがあった1930年代には目立った活動がみられず、「姉崎博士の帰一協会」は「失敗」(『読売新聞』1936年3月20日朝刊、5頁)であったとすら言われた。

しかしこの時期、一方では谷口雅春や伊藤証信らによる「万教帰一」や「万教共和」の運動があり、「帰一」という志向自体が社会から失われたわけではない。

本報告は、渋沢や姉崎による諸教説の「帰一」という試みを再検討し、近代日本の宗教空間における一つの「対話」であった協会の思想史的意義を明らかにすることを目指すものである。このことは、今日、なおいっそうその可能性が問われている宗教間対話の検討に資するものとなろう。

要旨ですので、実際の発表とはいたく異なりますが、なんとも恐縮です。

2016年04月04日 (月)

今日のお題:『近代仏教スタディーズ』を頂戴する

近藤俊太郎さんから『近代仏教スタディーズ』を頂戴する。誠に有難いことでございます。がんばって勉強します。
近代仏教スタディーズ
仏教からみたもうひとつの近代
大谷栄一・吉永進一・近藤俊太郎編
A5 298頁 2016.04
978-4-8318-5543-5 法蔵館
税込2,484円
法蔵館書店
http://www.hozokanshop.com/?isbn=978-4-8318-5543-5

面白いのがカバーでございまして、「近代仏教曼荼羅」と申しますか、「近代仏教戯画」と言っても宜しいのではないかと思う次第。通常は、表1だけを載せたりするんでしょうが、もったいないので、カバー全体をご紹介。
近代仏教スタディーズ.JPG
そういえば、先日、原坦山をこんな所に入れ込んだ人と呑みましたよ。蓋し卓見。

2016年03月24日 (木)

今日のお題:『喪失とともに生きる:対話する死生学』(ポラーノ出版)

来月下旬に『喪失とともに生きる:対話する死生学』(ポラーノ出版)が刊行されるとのご案内を戴きましたのでお知らせいたします。

注文票を印刷してFAXでご注文いただければ幸い。
注文票

『喪失とともに生きる:対話する死生学』
http://www.kyusenshoin.com/taiwasuru.html

『喪失とともに生きる:対話する死生学』人生はあらゆる喪失に満ち、喪失とその悲哀とともに、どのように生きるかを問われている。これに対しグリーフ(悲嘆)ケアは、この心理的な危機にいかに対処するかという点に力点が置かれてきた。たしかに一時的な援助の手を差し伸べることは欠かせない。しかし私たちは、喪失が引き起こす当面の危機を乗り越えた後も、喪失を抱えて生きていかなければならない。

「あらゆる悲しみは、それを物語にするか、それについて物語を語ることで、耐えられるものになる」―本書では対話を通して、「喪失を抱えながら生きていく」意味を探っていく。

本書は七つの物語と各二つずつの対話から成り立っている。各物語は日常的に物語を聴き、物語とともに考える経験を重ねた対人援助職(グリーフカウンセラー、小児救急医、助産師、緩和ケア医、僧侶、看護師、NPO経営者)が物語る。それに対し、一つ目の対話で各物語の基本的な事柄や背景を、二つ目の対話では本文と異なった視点からの語り掛けを試みる。それぞれを哲学、宗教学、社会学、民俗学、仏教学等といった多様な専門家が応じることにより、物語がより視覚的・立体的に浮かび上がる。
関係者、そして喪失を抱えるすべての方へおくる。

序  対話する死生学  喪失とともに生きるために(竹之内裕文)

1章  喪失とともに生きる人たちとの出会い:グリーフカウンセリングの現場から(浅原聡子)
 コメント1  日本におけるグリーフケアカウンセラー:臨床心理学と日本的心性の狭間で(浅見洋)
 コメント2  グリーフサポートと民俗(井藤美由紀)

2章  こどものいのちを看取ること  小児救急の現場から(植田育也)
 コメント1  寄り添いの変容   一世紀を経た二つの手記より(浅見洋)
 コメント2  こどもを看取る家族への看護(阿川啓子)

3章  生を享けること、失うこと  周産期医療の現場から(増田智里)
 コメント1  死産を経験した家族に対するサポート(河端久美子)
 コメント2  幼い子を失った親の経験について(井藤美由紀)

4章  老病死に向き合う人から学ぶ  終末期ケアの現場から(奥野滋子)
 コメント1  「自分を失うこと」とどう向き合うか(田代志門)
 コメント2  「ホスピタル」はいかに「病院」となったか(桐原健真)

5章  ホームを失って生きる  路上生活者の語りから(高瀬顕功)
 コメント1  「ホーム」の意味について考える(浜渦辰二)
 コメント2  困窮する人を「助ける」ということ:私たちの「居場所」をめぐって(松本曜一)

6章  がんが教えてくれたこと  患者・看護師としての体験から(佐藤仁和子)
 コメント1  がん闘病者・サバイバーの喪失体験と生(草島悦子)
 コメント2  病とともに生きるということ(高橋由貴)

7章  自他の喪失を支えるつながり  グリーフから希望を(尾角光美)
 コメント1  喪失から紡がれてゆくいのちのサポート(大河内大博)
 コメント2  いのちの支え合いの場に立つ(中井弘和)

終章  死とともに生きることを学ぶ  対話する死生学のために(竹之内裕文)

編者
竹之内裕文(たけのうち ひろぶみ)
1967年生まれ。静岡大学農学部・創造科学技術大学院教授。東北大学大学院文学研究科博士課程修了、博士(文学)。専門は哲学、倫理学、死生学。主な著書に『どう生き、どう死ぬか―現場から考える死生学』(弓箭書院、2009年、共編著)、『七転び八起き寝たきりいのちの証―クチマウスで綴った筋ジス・自立生活20年』(新教出版社、2010年、編著)、『シリーズ生命倫理学・第4巻 終末期医療』(丸善出版、2012年、共著)ほか。

浅原聡子(あさはら さとこ)
1968年生まれ。GCC 認定グリーフカウンセラー、看護師、静岡大学非常勤講師。小児専門病院に20年間看護師として勤務した後、現在はカウンセリング、講演、セミナー等にて活動中。グリーフカウンセリングivy代表。


〒195-0061 東京都町田市鶴川2-11-4-301 ポラーノ出版
e-mail mail@polanopublishing.com 
TEL 042-860-2075/FAX042-860-2029
web http://www.kyusenshoin.com
ご注文書 FAX 042-860-2029

2016年03月13日 (日)

今日のお題:漢文訓点用マクロ「訓点」for MS-WORD

※ちょっと直しました。上中下点が up/middle/down ってのはどうだ、というご指摘をうけて、j/t/g にしました。中点はcの方が良いのかも知れませんが、ひとまずこれで(2016年03月13日記)。と、いうか、16年前の自分は随分とひねてたんだなぁと思ったり思わなかったり。

※MS-Word2010ではインストール出来ないとのご連絡を戴きました。直接マクロをコピペして戴ければと存じます。(2010年07月10日記)と、いうか10年も経ってしまったのだなぁと今更ながら思ったり思わなかったり。

このマクロは訓点を付けてくれます。むろん、手放しという訳じゃあありませんが。
1)訓点を付けたい部分に以下の半角英数記号を入力します。
r:雁点(レ点)
1:一点
2:二点
3:三点
j:上点
t:中点
g:下点
k:甲点
o:乙点
h:丙点
2)訓点マクロを作動。以上のフォントのすべてが下付フォントになりますので、縦書きにしたときに左肩に訓点が入ります。

kunten.gif

マクロのダウンロード

2016年03月11日 (金)

今日のお題:【御案内】「日本儒林叢書全文データベース」(Jurin DB)「日本思想史文献データベース」(DoJIH)

 拝啓
漸々春めいて参りました今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。当委員会では、本年度も、幸いに「日本儒林叢書全文データベース」(15HP8003)および「日本思想史文献データベース」(15HP8004)と科学研究費(研究成果公開促進費:データベース)を取得することが叶い、データベースの増補をして参りました。来年度も引き続き事業を努めて参りたく存じます。
委員長であります当方が、データベースサーバをお借りしております東北大学から離れたこともあり、事業の進捗が少しく緩やかになってきてはおりますが、倦まず弛まず継続して行く所存ですので、今後とも皆様の温かい御支援のほどをお願い申し上げる次第でございます。 敬具

という内容の文書とともにポスターを関係各位にお送り致しました。これだけの宣伝を打っておきながら、来年度は科研に落ちて継続できませんでしたというオチも可能性としてはあるというのが恐ろしいところではございます。

さいわいに儒林叢書DBの方は、その筋の方には好評のようでで、有難く存じております。「日本思想史文献データベース」については、つらつら考えますに、前進である「日本思想史学関係研究文献要目」から考えますと、本年で50周年という記念すべきときにあたる訳でして、どうぞ今後とも御贔屓のほどをお願い申し上げる次第でございます。

儒林叢書ポスター文献目録

2016年02月10日 (水)

今日のお題:番組出演『英雄たちの選択:知りすぎた男たちの挑戦 蛮社の獄 渡辺崋山と高野長英の決断」』NHK BS プレミアム、2016年01月28日(木)20:00放送

えっと、そろそろ、再放送も終ったことでしょうから、時効ということで、忘れないうちに書いておきましょう。業績一覧にはとにかく何でも書いておかないといけませんから。

英雄たちの選択「知りすぎた男たちの挑戦 蛮社の獄 渡辺崋山と高野長英の決断」 - NHK
http://www4.nhk.or.jp/heroes/x/2016-01-28/10/21352/2473060/

というのに出てきました。

英雄たちの選択 「知りすぎた男たちの挑戦 蛮社の獄 渡辺崋山と高野長英の決断」

出演 : 磯田道史 、岩下哲典 、宮崎哲弥 、平野啓一郎 、桐原健真

権力にもの申すことが命の問題に直結した江戸時代。幕府の政策に危機感を抱き、あえて意見書をしたためた二人の男がいた。渡辺崋山と高野長英。二人は当時、世界を最も知っていた日本人とも言われる。西洋の学問を通して世界情勢に精通、いわゆる鎖国を貫こうとする幕府の方針に異を唱えた。そうした動きに対し、幕府は弾圧で臨む。世に言う蛮社の獄。死の危険に直面しながら、二人は何を訴え、どんな葛藤を抱えていたのだろうか。

2016年01月28日(木)20:00放送 NHK BS プレミアム


端っこの方で、コソコソしてましたよ。

「なんでオマエが崋山なんだ」というツッコミはごもっともなのですが、

「それはやはり、愛知の偉人ですもの。愛知の人間が出て当然じゃないですか」

と、名古屋に来て3年と経たない男がのたもうてますよ。

っていうか、平野さんのほうがよっぽど愛知にご縁があるわけで。

結局、こういうつながりなわけで、なんでも書いてみるもんだなぁと思ったりする次第。

思海 | 桐原健真「渡辺崋山(1793-1841)・高野長英(1804-50):日本への目覚め」『環・特集:今、「国家」を問う』57号、2014年4月、271-274頁

崋山座像.jpg
(崋山座像:田原市池ノ原公園内・渡辺崋山池ノ原幽居跡)

ピンでしゃべったことはあるのですが、討論形式の番組は初めてで、なんとも慚愧の念で一杯でございます。今回NHKに行って一番よかったと思えたのは、メイクさんに「肌キレイですね」と言われたことでしょうか。

2016年01月29日 (金)

今日のお題:誕生日

ペリーカレー当方の誕生日がまたやって参りました。

一部の方にはキリハラは肉が好きだから29日が誕生日だと思われて、ホントに29日に祝われたことがございますが、それはそれでまことに有難いことでございます。

毎月29日に焼肉食べ放題とか行けたのは、若かったからなんだなぁと思いにふける今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

というわけで、誕生日のプレゼントというものを頂戴しました。何とも嬉しいことで、感謝申し上げる次第でございます。

で、頂戴したのがコレでございます。横須賀海軍カレーというのは存じ上げておりますが、ペリーカレーですか。しかもご丁寧にメッセージカード付き。

お誕生日おめでとうございます。誠意みせてください!(御芳名略)

……誠意ですか。う〜ん、どうしよう。

参考:「ペリーの肉声:開国してくださ〜い」
https://www.youtube.com/watch?v=W5B2icDl28s

これで、講義を1時間やったのもいい思い出です。またやろう。どうやってやるのかは、秘密です。

1/27 >>