2016年11月09日 (水)

今日のお題:お詫びと訂正

先日、「一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。」となっている――と申し上げました下記の本ですが、

Amazon.co.jp: 戦後歴史学と日本仏教: オリオン クラウタウ: 本

ただいま現在、「この本は現在お取り扱いできません。」となっております。

なんでしょうか、アマゾンではもはや対応が追いつかないと言うことで、もう取り扱うのをあきらめたのでしょうか。

と言うわけで、版元へのリンクを張っておきましょう。

戦後歴史学と日本仏教 - 法藏館書店
http://www.hozokanshop.com/?ISBN=978-4-8318-5544-2

せっかくなので、惹句と目次も転載です。

敗戦により「日本仏教」像はどのように再構築されたのか。戦争を経験し、戦後の歴史研究をリードした、家永三郎、服部之総、井上光貞など15人の研究者の営みから考察する。

目次:
タイトル執筆者
戦後歴史学と日本仏教――序文オリオン・クラウタウ
家永三郎――戦後仏教史学の出発点としての否定の論理末木文美士
服部之総――「生得の因縁」と戦後親鸞論の出発点桐原健真
井上光貞――焼け跡闇市世代の歴史学平雅行
圭室諦成――社会経済史の日本宗教研究林淳
古田紹欽――大拙に近侍した禅学者大澤広嗣
中村元―――東方人文主義の日本思想史西村玲
笠原一男――戦後歴史学と総合的宗教史叙述のはざま菊地大樹
森龍吉―――仏教近代化論と真宗思想史研究岩田真美
柏原祐泉――自律的信仰の系譜をたどって引野亨輔
五来重―――仏教民俗学と庶民信仰の探究碧海寿広
吉田久一――近代仏教史研究の開拓と方法繁田真爾
石田瑞麿――日本仏教研究における戒律への視角前川健一
二葉憲香――仏教の立場に立つ歴史学近藤俊太郎
田村芳朗――思想史学と本覚思想研究花野充道
黒田俊雄――マルクス主義史学におけるカミの発見佐藤弘夫

著者紹介:
1980年ブラジル生まれ。
東北大学大学院国際文化研究科准教授。
専門は宗教史学(近代日本仏教)。東北大学大学院国際文化研究科准教授。著書・論文に『近代日本思想としての仏教史学』(法藏館、2012)、「宗教概念と日本」(島薗進他編『神・儒・仏の時代――シリーズ日本人と宗教第二巻』春秋社、2014)、「近代日本の仏教学における”仏教 Buddhism”の語り方」(末木文美士ほか編『ブッダの変貌――交錯する近代仏教』法藏館、2014)ほか。

2016年11月08日 (火)

今日のお題:桐原健真「モノとしての書籍」、パネルセッション「近世日本における出版文化の諸相」、日本思想史学会2016年度大会、2016年10月30日、吹田市・関西大学

本パネルセッションは、大会委員が組織したシンポジウム連動企画である。近代に接続する近世の出版文化について三人のパネリストとともに議論していきたい(司会・伊藤聡〈茨城大学〉)。

パネリスト
・引野亨輔(千葉大学)「経蔵のなかの正統と異端」(要旨略)
・吉川裕(東北大学専門研究員)「徂徠学派における詩文集刊行とその意義」(要旨略)
・桐原健真(金城学院大学)「モノとしての書籍」
要旨「後期水戸学の大成者」(植手通有)とされる会沢正志斎に文集や全集等が『会沢正志斎文稿』(2002)以外に見られないことを意外と感じた者は少なくないだろう。幽谷・東湖父子に全集があることを考えれば、その念は更に強くなる。だが会沢の文業を遺す試みが皆無だったわけではなく、その全容を世に問う動きは彼の存命中からあったが、その主著を『新論』に求める理解は今なお強い。しかし『新論』は始めから「尊攘」や「国体」と結びつけて受容されたのではない。本発表は『新論』を手がかりに幕末におけるモノとしての書物の社会的存在を問うものである。

とまぁ、ぶち上げたのですが、少々不完全燃焼でございます。

一番の引っかかりは、会沢正志斎の『退食間話』を誰が出したのかという問題でして、こちらの扉には「御蔵板」と書いてありますので、瀬谷義彦先生などは、「その版本は弘道館蔵版の一冊だけである」(瀬谷義彦「退食間話解説」、日本思想大系53『水戸学』岩波書店、1973年)と仰っているのですが、どうもそれにしても変な版だなぁと想い続けていたわけですが、やっぱりよく分かりません。

さらに、見返しには、こんな印が押されてございます。で、これが何と書いてあるのかが分かりません。とりあえず二文字目以降が「條殿御藏板」というのは確定して宜しいのですが、これが何條なのかが分かりません。

篆刻の専門の方に伺いましても、

「日本の篆刻はいい加減だからねぇ」

と、なんとも恐縮なことを仰るので、非常に困って、発表当日に至り、恥を忍んで、

「お分かりになる方、是非ご教示を賜りたく」

と申しましたが、結局、どなたにもご教示戴けず終わってしまった次第。

いろいろ検討はしてみたのですが、おそらくは「五條殿御藏板」だろうというのが、現在の結論でございます。

五条家と申しますのは、摂家でも何でもございませんで、菅原氏の庶流でございまして、所謂半家であります。おそらくここら辺の公家あたりからなんらかのルートで版行されたのだろうと思うのですが、正直、江戸のことばかり目が行っており、京都での出版事情というものに理解がなく、どういうことなんじゃろ、と謎が謎を呼んで、次回に続くという次第でございます。

御蔵板だと検閲とかそこら辺、どういう扱いになったんでしょうねぇ。まったくもってそういう実社会の次元のことは不案内でございます。昔も今もですが。

2016年11月07日 (月)

今日のお題:桐原健真「服部之総――「生得の因縁」と戦後親鸞論の出発点」、オリオン・クラウタウ編『戦後歴史学と日本仏教』法藏館、2016年、49〜75頁

ついに出ました!

戦後歴史学と日本仏教

いや、ホントにこれは立派な本ですよ。お疲れさま! 編者! 

Amazon.co.jp: 戦後歴史学と日本仏教: オリオン クラウタウ: 本

アマゾンではうっかりと「一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。」となっていますが、もはや洛陽の紙価を貴からしめんがごとき事態となっております――などと、異常な盛り上がりで恐縮です。

なんにしても、カバーを見ても分かりますように、これだけの人間を一気に出したことの意義はすばらしいモノがございます。

なぜ当方が服部之総を書いているのかということについては、単純に好きだからとしか申せませんが、とても書いていて楽しかったです。なんとも小学生のような感想でございますが、まぁ、ホントに服部君は面白い人なぁと改めて思った次第。

2016年11月05日 (土)

今日のお題:桐原健真「吉田松陰の視点:攘夷とは何か」、間部詮勝シンポジウム『安政の大獄の真実:幕末史における再評価』鯖江市、2016年、2-14頁

随分前のモノだったのに、書き込むのを忘れていたというヤツでございます。

以前、鯖江にお邪魔して一席打ったモノ

思海 | 桐原健真「吉田松陰の視点―攘夷とは何か―」(間部詮勝シンポジウム、鯖江市・鯖江市文化の館多目的ホール、2015年05月23日〜2015年05月24日)

の活字化というところでして、そんなにエラク変わったものでもございません。ただ、「尊王攘夷」って変なことばだよね〜と言うことに関して、少々説明を加えた次第。

だれでも「尊王攘夷」できる時代になったことが、幕末の混乱を加速させたんだ、ことばってことほど斯様に怖いものなのですよ――というお話しをして、後は松陰のお話しに流れ込むという算段でございます。

2016年11月04日 (金)

今日のお題:桐原健真「The Birth of a Myth: Civil War and Sacrifice in Early Meiji Japan」"Anthropoetics" 22巻1号、2016年

1."Sacrifice" and "Gisei"
In Japanese, the English word "sacrifice" is also expressed with a classical Chinese word "gisei (犠牲)." These words are a perfect match. It is because "犠 gi" which is composed "牛 (cow) + 羊 (sheep as the most common offering) + 我(jagged spear to kill the offering)" means "a cow killed with a jagged spear as an offering to the Divine", and then "牲 sei" which is composed "牛 (cow) +生 (live)" means "a living cow for offering to the Divine." It can be said that "gisei" is truly an appropriate word to translate"sacrifice."

However, in contemporary Japanese, "gisei" means not only "sacrifice" but also "victim." This usage, which differs from the original meaning, appeared at the end of the nineteenth century. For example, when a Japanese newspaper reported that the Chinese emperor sent a personal telegraph to the German emperor to grieve over the death of a German minster who had fallen a victim to the daggers of the Boxers (義和団) the year before, the article used "gisei" for "victim."*

It is clear that this "gisei" was not an offering dedicated to a divinity. In this way, its primary meaning in modern Japanese, which is different from the original meaning as "a sacred offering" to something great, is "the unfortunate death" of the blameless.

*"We are deeply grieved at the death of your Majesty’s Minister who fell a victim to a sudden uprising in China which our officers had not been able to suppress.(陛下の公使が突然清国に勃起し、朕が官寮〔ママ〕の鎮圧する能はざりし暴動の犠牲となりしは、朕の深く哀悼に禁へざる所なり)" ("Exchanges of personal telegrams between Germany and Chinese Emperors" the morning edition of Asahi-shinbun. October 24, 1900. p. 2.)



というわけで、初めてのweb雑誌論文でございます。

Kirihara - Civil War and Sacrifice
PDF版 http://www.anthropoetics.ucla.edu/ap2201/2201Kirihara.pdf
HTML版 http://www.anthropoetics.ucla.edu/ap2201/2201Kirihara.htm

内容としては、ルネ・ジラールのミメーシスですとか、犠牲の論理を日本で考えてみたときにどうなるのか――というテーマで夏頃にやったパネルセッションの文字化となります。

とは言え、毎度のことながらまっとうにやるのではございませんで、
そもそも、Sacrificeの訳語が犠牲ってなってるけど、現代日本語的にそれっておかしくない? 今の日本で「犠牲」って言ったとき、〈尊い命が犠牲になりました〉とか〈地震で××名が犠牲に〉とか使うのが普通だよね。献げる対象を喪失した犠牲の存在形態に、近代日本の宗教忌避的傾向がみえるのではないでしょうか〜!?

とかいう、いつもの意気込みで始めたのですが、やはり、あれよあれよと別な方向に行ってしまったというのが今回のお話しでございます。

当日のパネルセッションでは、日本のとある文化人類学の大家先生が、「日本にはscapegoatというものはないんだ」と言ったけど、オマエどう思う? みたいな質問が出てきて、正直文脈が分からなくて、可能性としては、

1 よくある〈日本文化〉論
2 文化人類学的に正確な意味で定義されたscapegoatを踏まえた議論


の二択で迷ったのですが、とりあえず

「あの先生は、たくさん本を書いているから、全部読んだことがない。なので、どこに書いてあるか分からないので、よく分からない」

ととりあえず、言ってみたら、そこそこ笑われたので、すかさず、

「しかしながら、日本にscapegoatがないというのは、おそらく正しい。なぜならば、日本にgoat(山羊)はいないからです

と言ったら、ちゃんと受けてました。よかった、よかった。日本でのお土産を渡せたね。

ただし、あとで確認したら、日本にもごく一部分西南地方にいるらしいということを知りまして、う〜ん、ちょっと言い過ぎたなぁと思った次第。でも、まぁ、そんなにウソは言ってないと思うよ。少なくとも、あそこら辺にいる山羊は生贄にはなってないと思いますし。

2016年10月23日 (日)

今日のお題:桐原健真『松陰の本棚:幕末志士たちの読書ネットワーク』(歴史文化ライブラリー437)、吉川弘文館、2016年、202頁

松陰の本棚〔表紙〕.jpg 幕末、古今東西の書物を読破し日本や世界の情報を収集した狷表駛皚甬氾直庄◆H爐砲箸辰峠駟とは何だったのか。水戸学の代表作『新論』を求め続けた松陰の知的遍路や、獄中に記した『野山獄読書記』から松陰の思想形成の変化を追う。各地の志士たちとの書籍貸借が育んだ同志的ネットワークの展開にも迫り、書物を通して新たな幕末の姿を描く。

出版社:吉川弘文館
ISBN-10:4642058370
ISBN-13:978-4642058377
発売日:2016/10/20

目次
0 読書魔の志士―プロローグ
1 志士たちのバイブル
   (国体論の誕生/開かれた秘密の書/松陰の本棚に入るまで)
2 読書の人
   (獄中の読書録/水戸学から国学へ/尊王論の変容/読書録終焉の謎)
3 書籍貸借が育む同志的連帯
   (国学書との出会い―松陰と岸御園/関門海峡を越えて―西田直養とのコネクション/書斎の人から実践の人へ―小国剛蔵との親交)
了 行動時代のはじまり―エピローグ
附 吉田松陰略年譜・在世年表

と言うわけで、出ました『松陰の本棚』。

初めて郷里を離れて留学してると言うのに、本ばっかり漁って読みふけるとか、獄中だって言っているのに、ものすごい勢いで本を読み続けるとか、とにかくそういう人なんです、この人。

その割には、『新論』はなかなか読もうとしないし、おかげで手に入れ損ねたり、会沢正志斎に「ゴメン、いま推敲中だから見せられないわ」とか言われるし。この人の行動を見ていると、『新論』って、いったい何だったんだろうと考えさせられる次第。

毎度のことながら、今回の本を読んでも、吉田松陰の一生は直接には分からないのが困ったところではございます。まぁ、伝記やら評伝やらは、良いモノがたくさんありますので、そういうものの端っこにでも置いていただければ幸いでございます。

しかも今回は、ほとんど誰も知らないだろうという人物が目白押しでございます。

まぁ、西田直養は幕末国学をやっていれば多少はご存知の方もおられるかと存じますが、小国剛蔵(融蔵)はなかなかマニアックでございます。幕末長州藩研究者でもそう取り扱わないんじゃないのかなぁと思うのですが、それはキリハラ、オマエが不勉強なだけだ、と言われましたらご尤もでございますとシャッポを脱ぐしかございません。

しかし、岸御園に関してはいかがでしょうか。防府の人ですから、田布施の岸家とはきっと関係ないと思いますが、まぁ、こんな方にクローズアップするだなんて、どういったことでしょうか。まぁ、そこら辺が、文化史とか思想史の面白い処ではございます。


2016年09月11日 (日)

今日のお題:桐原健真「宗教は一に帰すか―帰一協会とその試み―」日本宗教学会第75回学術大会、新宿区・早稲田大学(戸山キャンパス)、2016年9月10日

おわりに

帰一協会の試みを、いわゆる宗教間対話Interfaith dialogueと考えることも可能かもしれません。しかし、対話はどこまでも、彼我 dia- の関係でしかありません。「対」している限り、「帰一」はできないのです。

帰一協会は、初期の段階で、帰一の困難性に気づきました。個々の宗教は、各々独立して存在しており、その事実を否定して新たな教を立てることはできない。それゆえに帰一協会は、なにかの「形式」を遺すのではなく、宗教者や宗教に関心を有するものたちが集う「場」を形作ることへとシフトしていきました。

それはいわば、宗教間協業Interfaith Cooperationとしての場であり、Association Concordiaの名にふさわしい営みであったと言えます。こうした宗教間協業の実践は、果たして今日どのような形でなし得るものなのでしょうか。帰一協会の知的営為を踏まえつつ、改めて考えて見る必要があるでしょう。

以上で発表を終わります。ご静聴感謝いたします。


一つの結論としては、姉崎正治は偉いなぁということでございましょうか。

井上哲次郎は相変わらず可哀相なことになっていますが。まぁ、質疑でも申しましたが、イノテツは、長生きしすぎたんだろうなぁ、というところでございましょうか。或る意味、人間は常に成長するという見本のような人間ではあります。

そういえば、個別発表って久しぶりだなぁと思った今日この頃。

2016年09月08日 (木)

今日のお題:しょうけい館(戦傷病者史料館)名古屋巡回展

九段下にしょうけい館(戦傷病者史料館)というのがございますが、そちらの方から名古屋で巡回展を開催するとのご案内を頂戴しましたよ。

しょうけい館.JPG

日時 2016年10月26日〜30日
会場 名古屋市博物館

本館に足を運ばれたことのない方は、是非この機会にどうぞ。

残念ながら、当方は、この日程に離名しておりまして、なんとも惜しいことでございます。

2016年08月28日 (日)

今日のお題:タナトロジー研究会 2016年度第1回研究会

日程:2016年8月27日(土) 14:00〜17:30
場所:東北大学文学部棟135号教室(1階)
   〒980-8526 仙台市青葉区川内27-1
   東北大学交通アクセス・キャンパスマップ :http://www.sal.tohoku.ac.jp/map.html

プログラム
【特別企画】 14:00〜15:30
司会:田代志門(国立がん研究センター)
・聴き手 河原正典(爽秋会岡部医院)
緩和ケアを考える―ご遺族と主治医の対話から―
今回は、ご自宅でご家族を見送った方とその主治医との対話を通して「緩和ケア」について改めて考える、本研究会の原点に立ち返る企画を設けました。

【研究報告】 15:50〜17:30
司会:桐原健真(金城学院大学)
・報告者 相澤出(爽秋会岡部医院) 諸岡了介(島根大学)
最新・在宅ホスピス遺族調査の結果から
― 利用者のお気持ちから〈お迎え〉体験まで―
宮城・福島の在宅ホスピス診療所6ヶ所にご協力いただいた調査の結果をもとに討議をします。

と言うことで、司会をしてきました。翌日は、秋の学会のパネルセッションの詰めをするという結構な強行軍。>ナマ言うな

2016年07月17日 (日)

今日のお題:桐原健真「書評:米原謙著『国体論はなぜ生まれたか : 明治国家の知の地形図』」『日本歴史』2016年06号、817号、107-109頁

目次
序 章 国体論という磁場
第1章 「国体」の発見
第2章 神々の欲望と秩序――幕末国学の国体論
第3章 「地球上絶無稀有ノ国体」を護持するために――岩倉具視の構想
第4章 自由民権運動と明治初期の言論空間
第5章 歴史認識をめぐる抗争――明治二〇年代の国体論
第6章 裕仁皇太子の台湾行啓――「一視同仁」の演出

近世から近代を越えた議論は大変だなぁということを改めて思うわけでございます。
 したがって、その筆はおのずから長いスパンを覆うこととなる。事実、本書に登場する人物や事件は、江戸中期の儒学者である荻生徂徠から摂政宮裕仁の台湾行啓(一九二三)にまで及ぶ。

 こうした試みは、極めて野心的なものであり、筆者のような学識を俟って初めて可能なものであると言えよう。なぜならば、日本歴史の叙述において、近世と近代の間には、あまりにも大きな文法(ディシプリン)の相違が横たわっているからである。

 かつて福沢諭吉は、維新後のみずからを省みて、「一身にして二生を経るが如く一人にして両身あるが如し」(「文明論之概略緒言」一八七五)と喝破した。近世と近代という時代は、政治的・社会的環境はもとより、文字通り文法も大きく異なる。こうした両者を架橋した叙述は、タコツボのなかでの語りを専らとするものには困難な作業であると言ってよい。

1/28 >>