自己点検・評価、認証評価

内部質保証の方針

金城学院大学では、2019年11月6日に制定した以下「金城学院大学内部質保証の方針」に基づき内部質保証の取り組みを進めています。

自己点検・評価報告書

金城学院大学では、教育研究の質の向上と社会的責務を果たしていくために毎年自己点検・評価を実施しています。その結果は自己点検・評価および認証評価の報告書「WINDOWS」として刊行しています。また2015年度より、毎年の自己点検・評価報告書をまとめて公開しています。

認証評価

認証評価

2004 年に学校教育法が改正され、大学はその教育研究水準の向上に資するため、当該大学の教育研究等の状況について自ら点検及び評価を行い、その結果を公表するとともに、政令で定める期間(7年以内)ごとに認証評価機関による評価を受けることが義務付けられています。(同第109条)

金城学院大学は、公益財団法人大学基準協会による2014年度大学評価(認証評価)の結果、大学基準に適合していると認定されました。

認定期間:2015年4月1日〜2022年3月31日

  • 金城学院大学は、財団法人大学基準協会による2007年度大学評価(認証評価)の結果、大学基準に適合していると認定されました。

    認定期間:2008年4月1日〜2015年3月31日

  • 金城学院大学は、財団法人大学基準協会による2003年度相互評価の結果、大学基準に適合していると認定されました。

    認定期間:2004年4月1日〜2011年3月31日

  • 教育研究の質向上の取り組みについて

    本学では、学生の力をより伸ばすために入学から卒業までの学修到達度の測定・評価とカリキュラム・授業の改善を通じて、教育の質と内容を保証・改善する仕組みを設けています。この取り組みのために、入学から卒業後にわたって各種アンケートや試験を実施しています。取得した情報は、学生個人が特定されない形でデータ処理を行い、その集計・分析を行っています。
    また本学では、こうした取り組みに基づいた調査研究の結果を社会に発信していくことも、本学におけるさらなる教育の質向上に繋がると考えており、これらをホームページ等で公開することもあります。

    この取り組みについてのお問い合わせ先
    総務部 IR担当
    Tel 052-798-0180(代表)