国際情報学部 佐藤奈穂ゼミの学生が展開しているアクセサリーブランド「DIAGIRL(ディアガール)〜親愛なる、すべての女のコたちへ~」が、2020年6月25日(木)より、新型コロナウイルスの影響で収入を断たれたカンボジア女性たちを支えるべく、緊急支援プロジェクトをスタートさせます。

ここ数年、DIAGIRLはカンボジアのシェムリアップ郊外の農村で現地の女性と共に活動を行っていますが、新型コロナウイルス感染症の影響によりシェムリアップの観光産業は壊滅的な状況にあります。共に活動を行う女性たちも、みな何の補償もないまま失業し、毎日の食事もままならない状況が続いています。

そこで、本年度は現地への渡航も叶わない中、「今、私たちにできることは何なのか?」と現役生、卒業生とともに議論を重ね、彼女たちに緊急支援金を届ける、というプロジェクトを立ち上げました。

外国人観光客が戻る見通しの全く立たない中、DIAGIRLでは今年度1年を通して3回の緊急支援金を届ける予定です。

第1回目の支援として、現役生とOGで寄付金を出し合い30万円を準備し、5月上旬に16名の女性に1人当たり約17,000円を届けました。これは彼女たちが普段1ヶ月働いて得られる月収とほぼ同じ金額です。

今回の企画は2回目の支援として、一般の方からのご協力をお願いするべく、クラウドファンディングを立ち上げました。ご支援のリターンには、カンボジアの地元商店の応援につながる“カンボジア土産”、そしてDIAGIRLの復刻版のアクセサリーやポーチなども取り揃えています。以下のクラウドファンディングサイトでは、今回のプロジェクトの詳細をご紹介しております。是非、ご覧ください。

クラウドファンディングサイトはこちら

プレスリリース資料はこちら