Page TOP

とある金城生の1日

SAのTさん(現代子ども学科/現代子ども教育学科3年生)

私について

 ほとんどがオンデマンド授業なので、対面授業のある日にSAとして勤務しています。幼保コースは3年生になると授業数が少なくなるので、実習の準備や就職活動の準備に時間を充てています。オンデマンドの授業や課題で困ったことや分からないことがあったら、友人とLINEで連絡を取り合ったり、積極的に先生にメールでご連絡したりして、疑問を解決しています。
※SAとは…Student Assistant 大学内でコンピュータを使用する授業の補助やコンピュータの質問対応をするアルバイトです。

とある1日(月曜日)

1・2限 SAとして学生からの質問に対応します。自習の受付やPC教室の施錠管理もします。
W2棟でお弁当を食べます。いつも30分程のドラマをスマホで見ながらゆっくり食べています。
3限 ゼミの授業を受けます。主に心理的な面からの遊戯療法について学びます。
4限 学内のリリーカフェで、授業動画を視聴して、課題作成をします。
授業後 帰宅してから、次の日の音楽Dの授業のピアノや歌の練習をします。

 実習がある期間はSAをお休みできるので、実習に集中することができました。オンデマンドの授業が多かったので、課題提出の猶予は長くありましたが、実習後に取り組むとなると、気力と体力が相当必要になると思ったので、実習前に終わらせておくように心がけていました。オンデマンドの授業は、複数の課題の締め切り日を把握して、取り掛かる順番を決めておくことが単位を制すコツです!休日には舞台を見に行って、“推し”から生きる希望をもらっています(笑)

未来の後輩へのメッセージ

 オンライン授業に慣れないうちは大変かと思いますが、PCに関することで分からないことがあれば、気軽にTA・SAに聞いてください!