Page TOP

とある金城生の1日

SAのOさん(日本語日本文化学科2年生)

私について

 対面授業の前に学内バイトを入れて、朝起きる習慣を身に付けています。休日は、ゼミの発表資料となる参考文献を探すため、大学の図書館に出向いたり、博物館展示論の課題レポートのために美術館に行きます。また、趣味のゲームや読書をしています。
 土曜日は、授業の補講がいきなり入ったりするので予定はあけています。平日は授業で忙しいので、調べものをする時は土曜日に大学の図書館に出向いていますが、余裕があれば平日の授業の空いた時間に図書館で調べものをしています。
※学内バイトとは…Student Assistant 大学内でコンピュータを使用する授業の補助やコンピュータの質問対応をするアルバイトです。

とある1日(木曜日)

1・2限 朝9時半には自宅を出て2限は対面で近現代文学概論を受けます。
昼食はN1棟の1階にある食堂でとります。
3限 学内バイトで質問対応
4限 学内バイトで質問対応
授業後 帰宅後、英語コミュニケーションDを見て課題をやります。

 1限の授業は無いので、2限から大学に行き、近現代文学概論という授業を受けます。この授業では著名な近現代文学の作家の人生や作品を学び、作品を映像化した動画を鑑賞します。日文の近現代コースを専攻したい方は必修科目なので頑張ってください。
 昼食はN1棟1階にある食堂、リリーノースで食べています。リリーノースでは、ビュッフェや季節限定のケーキ販売、本場インドのカレーフェアなどのイベントがあったりして美味しいメニューが沢山あるので一度行ってみるといいかもしれません。
 午後はW2棟のB1でパソコン関係のわからない事や課題についての質問対応をしています。皆さんもわからない事があったら是非聞きに来てください。4限までバイトをしたら、帰宅して英語コミュニケ-ションDの授業動画を見て課題を終わらせます。

未来の後輩へのメッセージ

 1年生の方は朝礼拝があるので朝起きる習慣を身に付けておくとその分朝空いた時間に車校に通う事ができることも多いと思います。
 課題提出をする場合には、manabaを使って提出しますが、もし提出していない課題、提出した課題が分からなくなってしまった場合は、manabaのスマホ版に飛んで提出していない課題は課題のタブを、提出した課題は提出記録のタブをクリックすれば一覧が出てきます。
 私の場合、家が比較的近いのでこの予定になっていますが、家が遠い人は対面授業を先生に相談して家でのリアルタイム参加している人もいました。先生に相談してもらって大丈夫です。