HOME > 学部・学科 > 英語英米文化学科
INFORMATION

文学部英語英米文化学科

英語で考え、英語で自己表現する。世界と向き合える英語力を。

この学科の強み

1 英語のプロへ!目標はTOEIC「800点」以上

独自の英語統合カリキュラムでTOEIC800 点以上へ。さらに、英語スペシャリスト養成プログラムでは多数の学生が900点以上に達します。

2 一人ひとりの力を伸ばす習熟度別&超少人数制授業

英語スキル科目の多くを習熟度別の少人数クラス(18名前後)で開講。4名の小グループをネイティブスピーカーの教員が指導する授業や個別指導もあります。

3 「留学したい!」を学科が全面バックアップ

「留学のための英語」で必要なスキルを徹底指導。単位認定制度により、1 年間留学した学生のほとんどが4 年間で卒業します。

この学科の学び

「習熟度別クラス」×「共通コアテキスト」で、英語の4 技能を統合的に身につける。

総授業数の約半数を占める35科目が英語スキル科目です(うち33科目が必修)。その多くは習熟度別クラスで、かつ各授業共通のコアテキストを使用。
英語の「話す・聞く・読む・書く」の4技能を、関連づけながら統合して教える授業形態です。1年次を例にとると、「English Grammar(1)(2)」ではコアテキストの各章を読むために必要な文法を学びます。それを生かして「Reading/Writing(1)(2)」ではコアテキストの文章を読解し、エッセイを書きます。さらに、「Speaking/Writing(1)(2)」ではコアテキストの文章をテーマにスピーチを行い、「Listening/Pronunciation(1)(2)」ではコアテキストの文章を聴解・音読。総仕上げとして、「Teacher−Student Englis hInterview」でコアテキストの内容についてネイティブスピーカーの教員から質問を受けます。このような学習を反復することにより、英語の知識・技能を着実に身につけます。

 

1年次に基礎的なスキルと教養を身につけ、2年次にコース選択します。

文学・芸術から英米を学ぶ「英米文化研究コース」
英語力を高めるうえで重要なのが、英語の背景にある文化を理解することです。英語圏を代表するイギリスとアメリカについて、まず地理・歴史・社会・宗教に関する基本知識を学び、そこから文学・音楽・美術などへと学びを深めていきます。シェイクスピアによる文学作品などを原文で読む、ハリウッド映画の変遷を学ぶ、ジャズやブルース、カントリーなどの音楽を鑑賞する、といった豊富な内容の授業が用意されており、英米文化の魅力を語ることができるエキスパートをめざします。

英語の仕組みを解明する「英語研究コース」
英語とはどんな仕組みの言語なのか、人間はどのように言語を使いこなしているのかを探ります。具体的には、英語の文の構造や音声の背後に潜む仕組み、および個々の単語や文が意味をつくり出す仕組みを学びます。さらにゼミでは、英語と日本語の違い、コミュニケーションの原理、英語を習得するプロセスなどのテーマが加わり、多様な観点から英語のおもしろさを再認識し、その本質に迫ります。こうした学びは、自らの英語運用能力はもちろん、英語指導力の向上にも役立ちます。

TOP of PAGE

将来に直結する3つの実践的プログラム(複数のプログラムが履修可)

通訳・翻訳技術を身につけ、国際感覚を磨く。「英語スペシャリスト養成プログラム」

プロ通訳者養成メソッドによって英語のスペシャリストを養成するプログラム。選抜制により、TOEIC700点以上に加え、時事問題などのテストに合格した学生だけが受講できます。通訳・翻訳実務経験や研究実績の豊富な教員の指導により、ハイレベルな英語運用能力を習得。TOEIC900点以上を達成する受講生が数多くいます。さらに的確な日本語訳ができる技能と世界の政治・経済・文化に関する幅広い知識を身につけ、これらをもとに、ビジネス・司法・医療・教育など多様な分野で生かせる通訳・翻訳技術を習得します。在学中に国際会議などで通訳・翻訳ボランティアを行うこともあり、その仕事ぶりを高く評価していただいています。あなたも国際社会で活躍する英語のコミュニケーターをめざしませんか。

数多くの先輩たちが航空業界で活躍中!「エアラインプログラム」

このプログラムは、客室乗務員(CA)など航空業界の仕事をめざす人を対象としています。元国際線CAの教員が、航空ビジネスの知識と英語でのコミュニケーションやサービスのあり方について講義します。また、「サービスコミュニケーション演習」などの授業を通じて、美しい所作や言葉遣いをしっかり身につけます。これらの学びは、航空業界に限らず今後の人生で必ず役に立ちます。2015年度の実地研修は、JAL名古屋支店、羽田空港、伊丹空港で実施。職場見学や模擬体験を通して「エアラインで働く」ことへの理解をさらに深めました。指導の成果と学生の努力により、多くの卒業生が世界各国の航空会社のCAとして、また国内各空港のグランドスタッフとして活躍しています。

子どもに楽しく英語を教えられる先生に。「キッズ・イングリッシュ・プログラム」

たとえば、5歳の子どもに英語を教えるにはどのような方法がいいでしょうか? このプログラムでは、子どもの言語習得能力や英語教育の理論を通して、効果的な教え方を考えます。そして、音楽や絵本などを活用した指導法を学び、英語で英語を教える模擬レッスンを体験。幼稚園や小学校、英会話スクールでの教育実習もあります。本学では、小学生に英語を指導する資格「小学校英語指導者資格」(J-SHINE)の取得が可能。公立小学校の5・6年生では、外国語活動が必修となりました。名古屋市の小学校では「英語アシスタント」が必要とされ、J-SHINEの資格取得者向けの求人も多数あります。また、自分で教室を開くなど将来にわたって資格を生かすこともできます。 

※東海三県で初めてかつ唯一の大学(2016年3月現在)

TOP of PAGE

めざす進路

英語スペシャリスト(同時通訳者、翻訳家などのほか、高度な英語力が要求される職業)
中学・高校の英語科教員 
幼稚園・小学校の英語指導者
塾・英会話教室などの英語教師
客室乗務員、グランドスタッフ 
旅行会社
ホテル 
商社などの国際的企業、外資系企業
製造業、金融業などにおける国際部門
公務員 など

取得資格一覧

取得できる資格

高等学校教諭1種免許状(英語)
中学校教諭1種免許状(英語)
小学校英語指導者資格(J-SHINE) 

取得を応援する資格

TOEIC
TOEICスピーキングテスト/ライティングテスト
JTA公認翻訳専門職資格試験
観光英語検定試験
日商ビジネス英語検定
通訳案内士

※カリキュラムの構成上、重複して資格取得できない場合があります。
 また実習科目を履修する際には、大学が示す条件を満たす必要があります。

専任教員

教員名をクリックすると詳細をご覧いただけます。


河原 清志 教授 SWEETLOVE, Douglas W. 講師 楚輪 松人 教授
高野 祐二 教授 種村 俊介 准教授 田村 章 教授
TAYLOR, Matthew Aaron 教授 戸澤 裕子 准教授 PALLER, Daniel L. 講師
朴 c英 准教授 馬場 今日子 准教授 浜口 千寿子 准教授
水野 真木子 教授 森田 順也 教授