HOME > 大学概要 > 3つのポリシー > カリキュラムポリシー > 国際情報学部
INFORMATION

国際情報学部

国際情報学科 カリキュラム・ポリシー

国際情報学科では、学生がディプロマ・ポリシーに掲げる資質・能力を獲得できるように、共通教育科目、専門教育科目およびその他必要とする科目を順次性を考慮して体系的に配置し、講義、演習、実習を適切に組み合わせたカリキュラムを編成します。課程表の他に、カリキュラムの体系性を示すカリキュラム・マップおよびカリキュラム・ツリー、科目間の関連や科目内容のレベルを表現する科目分類番号制を採用し、カリキュラムの構造を分かりやすく示します。

教育内容、教育方法、評価について次のように定めます。

  1. 教育内容
    (1) 共通教育科目では、学生が福音主義のキリスト教に基づき、豊かな人間性を支える知識・技能、汎用的技能・能力、態度・志向性の基礎を身につけられるようにします。具体的には「金城アイデンティティ科目」、「金城コア科目」、「金城展開科目」の区分に基づいた科目を編成します。
    (2) 初年次教育では、学生が効果的に大学で学修し順調な学生生活を送るために、高校から大学の学びに円滑に移行できるようにします。
    共通教育科目における初年次教育では、学部学科の枠を超えて学問や大学教育全般に対する動機づけを図ります。
    専門教育科目における初年次教育では、入門的な講義科目と協働的な学修を行う演習科目を組み合わせることで、現代社会を読み解くための基礎的知識の修得および協調性・表現能力・論理的思考力の向上を図ります。
    (3) 専門教育科目では、学生が現代社会のグローバル化と情報化に関する知識・技能を身につけることを通じて、ディプロマ・ポリシーに掲げる資質・能力を獲得できるようにします。
    (4) 学生が社会科学の共通基盤を身につけられるように、「基幹科目」を設置し、社会人として通用する知識・技能を修得できるよう科目を編成します。
    (5) グローバル化と情報化の問題点と可能性への理解を深めるため、「展開科目」を設置し、多角的な研究方法と情報リテラシを用いて分析・考察できるよう科目を編成します。また「展開科目」には、少人数の実践的な学修を通じてリーダーシップを養う科目を設置します。
    (6) 学生が修得した知識・技能を総合的に活用できるように「演習科目」を編成します。
    (7) 学生が専門教育科目を中心とする学修内容を総合化し活用・研究できるように、卒業年次に「卒業論文・卒業制作」を設置します。
  2. 教育方法
    (8) 講義科目においては履修者上限人数を原則120名とし、アクティブ・ラーニング等を取り入れた教育方法を実施します。
    (9) 演習科目においては、少人数できめ細やかな指導を実践し、ディープ・アクティブ・ラーニング等を取り入れた教育方法を実施します。
    (10) 実習科目においては、体験を通して知識・技能を身につけ、柔軟な思考力を養うプログラムを編成して実施します。
    (11) すべての授業科目において授業時間外学修を課し、学生の学修成果を高めるようなフィードバックに努めます。
    (12) アドバイザー制度により、学生情報を活用しながらアドバイザー教員が学生一人ひとりと面談し、学修支援をはじめ学生生活全般に関する助言を行います。
  3. 評価
    (13) 本学科では、学生がディプロマ・ポリシーに掲げられた資質・能力およびこれらの総合的な活用力を確実に身につけられるように、学科レベル、学生レベルで評価を実施します。
    (14) 学修成果の評価の公平性と透明性を確保するために、学修成果の評価方針(アセスメント・ポリシー)を定めます。
TOP of PAGE