HOME > 最新情報一覧 > 【丸山ゼミ×留学生】和食の調理実習会を開催しました。
INFORMATION

【丸山ゼミ×留学生】和食の調理実習会を開催しました。

 11月24日(月)丸山ゼミ(生活環境学部 食環境栄養学科)の学生が留学生と和食の調理実習を行いました。和食の調理実習を通じて日本文化を理解してもらおうと丸山ゼミと国際交流センターが共同企画。身振り手振りを交えながら調理の手順を説明したり、野菜の切り方やかきまぜ方の手本を示しながら約1時間かけて料理を完成させました。
 出来上がった料理は「さつまいもの炊き込みご飯」「油揚げとわかめの味噌汁」「なすと厚揚げの煮びたし」「きゅうりとハムの酢の物」「黒蜜きなこ白玉」の全5品。
 調理実習後は出来立ての和食を味わいながら「おいしい」「食感が良い」と感想を言い合い、「『おいしい』は母国の言葉で何て言うの?」「料理は得意?」などと留学生とコミュニケーションをとる姿も多く見られました。
 丸山ゼミの学生たちは「レシピに絵を多く載せる、身振り手振りや簡単な日本語を使うなど、伝え方を工夫した。限られた時間の中で分かりやすく伝える難しさを感じた」と振り返り、留学生たちは「和食の美味しさを改めて実感した。家で和食の練習をして自国の家族にも味わってもらいたい!」と語ってくれました。
 留学生にとって日本の食文化を学ぶ貴重な機会となり、また日本人学生にとっても新たな気づきや発見のある、実り多い調理実習となりました。