HOME > 最新情報一覧 > 2013年度入学式を実施しました
INFORMATION

2013年度入学式を実施しました

 新入学生の皆さん、金城学院大学へのご入学おめでとうございます。また、ご父母の皆様や関係者の方々には心からお喜びを申し上げます。
 さて、大学に入学するということは人生における大きな節目の一つです。日本では昔から何か大きなことがなされるためには、三つの条件がそろわなければならないといわれています。一つは、本人の最大限の努力、二つ目は周囲の人々の協力、三つ目は神仏の加護です。ただし、最後の条件は、キリスト教主義の立場から言えば、主イエス・キリストの父なる神様の御旨といったほうがよいでしょう。
 新入生の皆さんは神様の御旨なしにはこの大学に入学することはできなかったのです。だからこそ、これからの大学生活を実りあるものにしていただきたいと思います。
 皆さんの入学した金城学院大学は、文学部、生活環境学部、国際情報学部、現代文化学部、人間科学部、薬学部、さらに大学院として文学研究科、人間生活学研究科を持つ総合大学であります。整った設備と優秀な教授陣、さらには皆さんの大学生活をサポートする事務スタッフを擁しています。皆さんはこの恵まれた環境で、勉学し高い専門知識、広い教養、的確な技能を身につけていただきたいと思います。これらは社会に出て行った時の大きな力になるはずです。
 もう一点強調しておきたいことは、金城学院大学は緑に包まれた「森の中のキャンパス」であるということです。近年、名古屋の有力大学の中に都心回帰の動きがありますが、本学は、都心の喧騒を離れたこの大森の地に理想の学園を作ろうとしております。
 そのためにKMP21と呼ばれる、大学キャンパスの大規模なリニューアルを計画し、2012年度からその第1段階に取り掛かりました。来年の春には、新礼拝堂と2棟の新校舎が竣工いたします。新校舎はともに地上6階建てで、講義室、演習室はもちろんのこと、最新の設備を備えたコンピュータ室やスタジオ、またイベント・ホールがあり、さらには学生の学習を支援するためのラーニング・コモンズも新たに設置されます。このリニューアルにより本学の学習・研究環境は飛躍的に向上すると期待されます。来春には、皆さんと共に新建物の竣工を祝いたいと思います。

 最後に、青春時代の心の問題について述べておきます。青春時代には心が大きく揺れ動きます。時には根拠のない自信をもつこともあり、逆にふとしたことが原因となり大きく落ち込んでいくこともあります。どちらも人生における危機につながる場合があります。そのような時には、教員や友人に相談してください。また、神様の御旨をたずねるために聖書を開くのもよいことです。先ほど朗読していただいた聖句をもう一度読んでみましょう。

「心を尽くして主に信頼し 自分の分別には頼らず 常に主を覚えてあなたの道を歩け。そうすれば主はあなたの道筋をまっすぐにしてくださる。」(箴言 第3章5-6節)

 皆さんの前には、「まっすぐな道筋」が続いています。その道筋を、素直に堂々と歩んで行ってください。ご入学、本当におめでとうございます。