HOME > ニュース 一覧 > 日本鉄道広告協会中部支部主催の広告コンペで本学学生が入賞しました。
INFORMATION

日本鉄道広告協会中部支部主催の広告コンペで本学学生が入賞しました。

日本鉄道広告協会(略称:JAFRA)中部支部が実施した、中部地区の大学生を対象とした「交通広告インターンシップ2019」内でのグループワークの広告コンペで、本学学生が所属するグループの作品が選ばれ、大型デジタルサイネージと大型ボードで掲出されます。

約2ヶ月にわたるインターンシップの中で広告制作に取り組み、コンペ形式で行われたプレゼンテーションの結果、岐阜県からの課題「飛騨地方を旅行で訪れたくなる広告」としてグループの作品が選ばれたのが、国際情報学部 国際情報学科メディアスタディーズコース3年日比野由依さん。東邦ガスからの課題「ガスの火の良さが伝わる広告」としてグループの作品が選ばれたのが、同じく国際情報学部 国際情報学科メディアスタディーズコース3年石川愛菜さん。

 

マイクを持っているのが日比野さん
マイクを持っているのが日比野さん
表彰学生 右端が石川さん
表彰学生 右端が石川さん

「飛騨地方を旅行で訪れたくなる広告」は、JR名古屋駅内の大型デジタルサイネージ名古屋エクスプレスビジョン」で、1月27日(月)〜2月2日(日)までの掲出予定。「ガスの火の良さが伝わる広告」は、JR名古屋駅改札内の大型ボード「名古屋ワイドウォール」で、2月3日(月)〜2月9日(日)の掲出予定です。

■広告掲出詳細

岐阜県「飛騨地方を旅行で訪れたくなる広告」
掲出箇所:名古屋エクスプレスビジョン(JR名古屋駅太閤通口)
掲出期間:1月27日(月)〜2月2日(日) ※6時〜24時の間で1ロール2分30秒あたり15秒放映

東邦ガス「ガスの火の良さが伝わる広告」
掲出箇所:名古屋ワイドウォール(JR名古屋駅在来線改札内北通路)
掲出期間:2月3日(月)〜2月9日(日)