HOME > ニュース 一覧 > 国際情報学科 庫元正博ゼミ生が、犬山市にプレゼンを行いました。
INFORMATION

国際情報学科 庫元正博ゼミ生が、犬山市にプレゼンを行いました。

2019年12月19日(木) 国際情報学部 国際情報学科 庫元正博ゼミ3年生10名が犬山市観光交流課、犬山市観光協会に、来春以降の犬山観光振興企画のプレゼンテーションを実施しました。

庫元ゼミでは2019年3月より、春の「犬山〆パフェ祭り」、「納涼なついぬスイーツ」、秋の「犬山ワンダフルパフェ」など、犬山市や犬山市観光協会と共に集客イベントなどを連携して実施してきました。

今回の提案はより多くの若者が犬山に来たくなる企画というテーマで提案したものです。犬山市観光交流課 課長補佐 小池信和さまからは「学生らしい新しい視点からのプレゼンで、とても参考になります」という評価をいただきました。また犬山市観光協会の後藤真司さまからは「できることから進めていきたいと思います」というお言葉をいただきました。

プロジェクトリーダーの石川愛菜さんは、「犬山は企画やイベントでお手伝いするようになって、どんどん好きになっていったので、ぜひいろんな企画を実施していきたい」と話してくれました。

庫元研究室・庫元ゼミは、犬山集中大規模宣伝協議会との観光振興に係る連携協定に基づき、これからも犬山市の観光振興に取り組んでいきます。