HOME > ニュース 一覧 > 名古屋証券取引所主催「第10回名証株式投資コンテスト」にて、生活マネジメント学科の学生チームが3位と5位と7位に入賞しました。
INFORMATION

名古屋証券取引所主催「第10回名証株式投資コンテスト」にて、生活マネジメント学科の学生チームが3位と5位と7位に入賞しました。

コンテストの内容は、1名につき300万円を仮想資金とし、期間内(今回は10月21日〜12月9日)に名証上場銘柄を対象としたバーチャルな売買を行い、300万円の元手から何%の収益を得られたかを競うというものです。

生活環境学部 生活マネジメント学科 古寺浩教授の勧めでチーム戦に参加した同学科4年生の有田百伽さん、伊藤沙恵さん、吉村果穂さんの「Amazing!!!」チームが、全国133チームの中で3位に入賞しました。
仮想資金300万円を3名分=計900万円を運用して約1,552万円にまで増やしました。また1年生の新美巴英さん、平野ともかさん、山内実央令さんの「賞金は私たちが頂くわっ」チームが5位、4年生の勝山智香さん、加藤奈々子さん、近藤麻央さんの「アクティブシニア」チームが7位に入賞してランキングボードを賑わせました。また、個人戦では3年生の石黒優奈さんが6位に入賞しました。

参加した学生たちは「毎朝早起きして、前日の夜までに各企業が発表した業績情報とアメリカの株価や為替レートに関する情報を駆使して銘柄選択をしました。」「収集した情報に反する株価の動きにハラハラ・ドキドキの毎日でした。」と話してくれました。