HOME > イベント情報 一覧 > 第13回社会調査インターカレッジ発表会が、10月26日(土)に本学にて開催されます。
INFORMATION

第13回社会調査インターカレッジ発表会が、10月26日(土)に本学にて開催されます。

社会調査インターカレッジ発表は、2007年に東海圏で社会調査の実習授業を行っている有志大学の共催によって始まりました。愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会、岐阜県教育委員会、岐阜県中学校高等学校協会、静岡県私学協会、社会調査協会(順不同、敬称略)より後援を得て、年1回、参加校の持ち回りで開催されています。
  【参考】過去の社会調査インターカレッジ発表会(東海社会学会公式サイトより)

この発表会の特徴は、部会の進行、発表、発表後の質問と議論などをすべて学生のみで行うところです。今年度は、金城学院大学人間科学部多元心理学科3年・大山小夜ゼミ生が、会場を提供する幹事校として、受付、会場設営を担当します。

発表会では、学生が半年〜1年かけて企画・設計、実施した社会調査の分析結果を報告し、フロアの皆さんと議論します。そうすることで、新たな知識や発見をより多くの方々と分かち合いますとともに、地域社会での学生の役割について認識を深める機会にしたいと思っています。

今年度の参加校、発表内容は9月末に確定予定です(昨年度の参加校、発表内容は以下のとおりです)。
  【参考】2018年度の社会調査インターカレッジ発表会


発表の手続き(=エントリー)につきましては以下をご参照ください。
  【資料】2019社会調査インターカレッジ・参加者募集のお知らせ