HOME > 大学院・研究科 > 人間発達学専攻 前期課程
INFORMATION

人間生活学研究科 博士課程人間発達学専攻 前期課程

生涯発達の観点から、個人の発達に関わる諸問題に的確に対処できる人材の育成を目指しています。

学習内容

前期課程

人間発達学専攻には、「発達学分野」、「臨床心理学分野」の2分野があり、それぞれ個別の分野で専門を深めることができます。

A「 発達学分野」は、個人の発達が生活環境の相互作用を通して行われることについて、人間の行動様式と外的環境の関係を分析し、発達と環境の相互作用の諸現象を学びます。また今日、発達に関わる特に重要な環境因子として注目されている家族・ジェンダーの問題を学習・研究できます。また、人間発達を教育の視点からとらえます。教育における臨床的課題への理解を深め専門家としてのアプローチや技法を学びます。受験科目は、心理学、教育学・保育学、芸術学・芸術療法学、家族福祉学・家族関係学となります。

B「臨床心理学分野」は、心の専門家としての研究と同時に「臨床心理士」養成を目的とする分野です。臨床心理士資格取得のための「第1種指定大学院」として、心の理解、アセスメントや援助技法を演習や講義を通して学びます。また、実際の病院や学校現場での学外実習や本学付属の心理臨床相談室でのカウンセリング実践の実習も充実しています。受験科目は、臨床心理学となります。

修了の要件及び授与される学位

人間発達学専攻 博士課程 前期課程

2年以上在学し、授業科目を18単位以上(臨床心理学分野を専攻する者は26単位以上)、専攻する分野の研究演習1科目2単位、専攻する分野の特別研究10単位を含む計30単位以上(臨床心理学分野を専攻する者は38単位以上)を修得し、かつ修士論文の審査および最終試験に合格した者には、修士の学位が授与されます。

取得資格実績

取得できる資格

  • 幼稚園教諭専修免許状
  • 臨床心理士(受験資格)

取得を応援する資格

  • 産業カウンセラー

専任教員

教員名をクリックすると詳細をご覧いただけます。


今村 友木子 教授 加藤 大樹 准教授 川瀬 正裕 教授
北折 充隆 教授 定松 美幸 教授 坪井 貴子 教授
中野 修身 教授 仁里 文美 教授 治田 哲之 准教授
増田 公男 教授 宗方 比佐子 教授 渡辺 恭子 教授