HOME > 学部・学科 > コミュニティ福祉学科
INFORMATION

人間科学部コミュニティ福祉学科

福祉マインドを社会で実践できるソーシャルウーマンになろう。

この学科の強み

1 「福祉」の視点から人と地域を理解する

福祉の視点で人と地域を理解し、ワークライフバランス(仕事と生活の調和)を実現できる社会を築いていくための福祉マインドを養います。

2 多様な分野で活躍するための「3つの力」を養う

一般・福祉系企業、NPO、行政機関、医療・福祉分野など、社会で活躍するための「社会そうぞう力」「協働実現力」「問題解決力」を身につけます。

3 体験型学習を通してリアルに学び、実践する

ボランティアやフィールドワーク、インターンシップなどの体験型授業が充実。
教室では学べない現場の実情を体感し、課題解決に取り組みます。

この学科の学び

「社会そうぞう力」〜多様な人々とコミュニケーションをとり、課題をリアルに「想像」し、解決策を「創造」する力〜

福祉マインドを養う基礎として、現代社会を福祉の視点から理解し、見えてきた課題の解決策を考える力を身につけます。
社会のさまざまな現象を把握し分析するための社会調査の役割についても理解します。

「協働実現力」〜さまざまな課題を解決するために多様な人々・組織をつなぎ、パートナーシップを実現する力〜

社会的な課題を解決していくには、多様な人々や組織との連携や協働が必要です。その実際を理解するために、NPOの活動事例や自治体運営のあり方などを検証し、協働を実践するためのマネジメント力を養います。

「問題解決力」〜社会的な課題を解決するためにリーダーシップをとり、実行へとつなげる力〜

福祉マインドを課題解決につなげるためのリーダーシップ力や起業力を身につけます。学ぶテーマは、リーダーとしての姿勢、組織づくり、ビジネスプラン、マーケティング、財務、人材育成など多岐にわたります。

ソーシャルウーマン実践科目

福祉マインドを実践的に養う授業として、「ソーシャルウーマンプロジェクト」を開講しています。2年次には、地域の福祉的課題の発見からその解決方法の検討までを、学外でのフィールドワークも行いながら段階的に学んでいきます。そして3年次には、社会貢献事業を行う企業・NPO・協同組織との連携プロジェクトやインターンシップなどの実践学習に取り組みます。また、実践技術として障がい者スポーツ指導員の資格を取得することもできます。少人数制の演習や個別的指導を交え、一人ひとりの成長をサポートしていきます。

ソーシャルワーカー養成カリキュラム

ソーシャルワーカーなど、福祉の専門職をめざす人のために社会福祉士国家試験に完全対応。資格取得をサポートします。
■ 関連科目として、社会福祉専門力を養う科目とソーシャルワーク実践科目を用意
※受講については、履修状況などにより希望通りにならない場合があります。

ボランティア活動

1年次から、全員がボランティア活動に参加する実践的な授業が豊富です。
学んだ知識を実際に試すことができます。これまでに「知多半島での稲刈り体験交流」、「守山区のはいかい高齢者おかえり支援事業模擬訓練」などに参加してきました。

資格取得サポート

社会福祉士(国家資格)

指定科目の履修により「社会福祉士国家試験」の受験資格が得られます。社会福祉士は、身体上・精神上の障がいや環境上の理由により、日常生活に支障のある人々の福祉の相談に応じ、助言・指導・福祉サービスを提供する専門家です。関連する医療・保健・行政機関などをつなぐ役割も担います。高齢者や障がい者、子ども、低所得者など幅広い人々を対象とし、仕事は多岐にわたります。活躍の場は、社会福祉施設や社会福祉協議会、児童相談所、医療機関、福祉関連企業など多様です。

初・中級障がい者スポーツ指導員※

福祉分野の中でも特にスポーツが好きな人におすすめの資格です。本学科は、初・中級障がい者スポーツ指導員の資格取得認定校であるため、指定科目を履修することで資格を取得できます。地域の大会や教室などで、障がいのある人がスポーツを楽しんだり、体を鍛えたりするのをサポートする役割を担います。より専門的な知識を学んで「中級」を取得することにより、地域の障がい者スポーツ振興のリーダーとして活躍することができます。
※中級障がい者スポーツ指導員は申請中

高等学校教諭1種免許状(福祉)★

福祉系高等学校や特例高等学校で福祉教育を行うための教員免許です。高齢者や障がいのある人などの支援者をめざす高校生を指導します。専門的な知識・技術と豊かな人間性が求められる仕事です。

★2019年度教職再課程認定申請中。
 (ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。)

めざす進路

一般企業で福祉知識を生かせる部門
公務員
NPO・NGO
福祉事務所や福祉施設で、相談・指導・援助を行うソーシャルワーカー 
医療機関・医療ソーシャルワーカー(MSW: Medical Social Worker )
高校の福祉科教員 など

取得資格一覧

取得できる資格

初級障がい者スポーツ指導員(資格取得認定校に指定) 
中級障がい者スポーツ指導員(資格取得認定校に指定) 
高等学校教諭1種免許状(福祉)
社会福祉主事任用資格 
児童福祉司任用資格(1年以上の実務経験が必要)
児童指導員任用資格
知的障害者福祉司任用資格

受験・申請・基礎資格が得られる資格

社会福祉士

 

★2019年度教職再課程認定申請中。
 (ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が
 変更となる可能性があります。)
*中級障がい者スポーツ指導員は申請中。
※任用資格とは、その業務に就いたときに発効する資格です。 
※社会福祉士受験資格と中級障がい者スポーツ指導員は、カリキュラム上同時に取得することはできません。
※カリキュラムの構成上、重複して資格取得できない場合があります。
 また実習科目を履修する際には、大学が示す条件を満たす必要があります

専任教員

教員名をクリックすると詳細をご覧いただけます。


朝倉 美江 教授 王 文亮 教授 鍛治 智子 講師
窄山 太 教授 柴田 謙治 教授 柴田 学 准教授
高橋 和文 准教授 橋川 健祐 講師 原田 峻 講師