HOME > 学部・学科 > コミュニティ福祉学科
INFORMATION

人間科学部コミュニティ福祉学科

人と福祉がリンクする、「まちづくり」に貢献できる人になる。

この学科の強み

1 福祉の基礎からまちづくりまでを学ぶ

相談援助の実践力を身につけ、福祉・医療、NPO・企業・まちづくりなどさまざまな分野で必要とされる福祉マインドを養います。

2 多様な現場で役立つ資格取得をサポート

ソーシャルワーカーなど福祉の専門職をめざす人のために、社会福祉士などの国家試験に完全対応。資格取得をサポートします。

3 福祉スポーツ指導や手話を身につける

手話や福祉スポーツ指導など、さまざまな福祉の現場で役立つ専門知識とスキルを習得することにより、活躍の場が広がります。

この学科の学び

人と福祉のかけ橋となるために

子育ての手助けが必要なお母さん、親と一緒に暮らせない事情のある子ども… 。地域の中には、いろいろな形で社会的援助を必要とする人がいます。
本学科がめざすのは、そのような人たちを適切な支援の場へとつなぐ、地域のコーディネーターとなれる人を育てることです。

「社会福祉を学ぶ」〜社会福祉の全体像をとらえ各論へ〜

社会福祉とは、個人の生活問題から生涯にわたる社会保障制度や国家の福祉政策まで、幅広い領域にまたがる助け合いの仕組みです。また、子ども、若者、高齢者、障がいのある人、特定の問題を抱える人など、多様な人と関わる領域でもあります。まず社会福祉の仕組みや制度・法律を学んで全体像を理解したうえで、子ども家庭福祉・高齢者福祉・障害者福祉などの各論へと進みます。

「人々と社会の関わりについて学ぶ」〜子どもを支えるとは?〜

いま日本では、6 人に1 人の子どもが貧困状態にあると言われています。子どもや妊婦をサポートするのも社会福祉の仕事。子どもを含む家族の現状や社会との関わりを理解し、問題への対策を考えることは、今後の社会保障や社会福祉を考えることと密接につながっています。少子高齢社会を支えるという観点からも、子ども期のあり方に焦点を当てることはとても重要なことです。

「地域社会の課題を学ぶ」〜地域の現状を知り、未来を考える〜

地域のコーディネーターとして、理解しておくべき地域社会の課題を学びます。そのテーマは、福祉の現場で直面する家族問題をはじめ、地域で活動するNPO・ボランティア組織・民生委員などとの連携、大震災などによって遭遇する生活基盤の危機、さらには個人の自立を支える地域づくりなど多岐にわたります。

「社会福祉実技・実践を学ぶ」〜福祉の現場実習で実践力を身につける〜

相談援助実習から医療ソーシャルワーク実習、福祉スポーツ実技、手話通訳トレーニングまで、幅広い領域における福祉実践に取り組みます。福祉の現場における利用者の実情や職員の対応、施設・機関運営の実際を学び、高度な実践技術を養います。ソーシャルワーカーなど、現場で活躍する方々を招き、仕事のやりがいやケアの事例についてお話を聞く機会もあります。

資格取得サポート

社会福祉士

指定科目の履修により「社会福祉士国家試験」の受験資格が得られます。社会福祉士は、身体・知的などの障がいや環境上の理由により、日常生活に支障のある人々の福祉の相談に応じ、助言・指導・福祉サービスを提供する専門家。関連する医療・保健・行政機関などをつなぐ役割も担います。高齢者や障がい者、子ども、低所得者など幅広い人々を対象とし、仕事は多岐にわたります。活躍の場は、社会福祉施設や社会福祉協議会、児童相談所、医療機関、保健所、福祉関連企業など多様です。

高等学校教諭1種免許状(福祉)

福祉系高等学校や特例高等学校で福祉教育を行うための教員免許です。これらの学校では、高齢者や障がいのある人などの支援を志望する高校生が、介護福祉士試験の受験資格をめざして学んでいます。その教育者には、介護福祉士試験の合格に必要な専門知識を教える能力だけでなく、豊かな人間性も求められます。高齢社会がさらに進む今後は、福祉教育を担う教員へのニーズがさらに高まっていくはずです。

手話通訳士・手話通訳者

金城学院大学は全国の4 年制大学で初めて、手話通訳士・手話通訳者の養成科目を正規の授業として設置しました。手話通訳士は厚生労働大臣が認定する資格、手話通訳者は都道府県知事などが認定する資格で、それぞれ認定試験があります。専門職としての能力を生かし、手話を使用する聴覚障がい者の社会参加や就労、教育、医療、司法などの場面でコミュニケーション支援を行います。

初級障がい者スポーツ指導員

福祉分野の中でも特にスポーツが好きな人におすすめの資格です。障がいのある人が体を鍛えたり、スポーツを楽しんだりするのをサポートする役割を担います。この学科は、初級障がい者スポーツ指導員の資格取得認定校であるため、指定科目を履修することで資格を取得できます。

めざす進路

福祉事務所や福祉施設で、相談・指導・援助を行うソーシャルワーカー 
手話通訳者
高校の福祉科教員 
医療機関・医療ソーシャルワーカー(MSW: Medical Social Worker ) 
福祉系企業
一般企業で福祉知識を生かせる部門
公務員 
NPO・NGO など

取得資格一覧

取得できる資格

初級障がい者スポーツ指導員(資格取得認定校に指定) 
高等学校教諭1種免許状(福祉) 
社会福祉主事任用資格 
児童福祉司任用資格(1年以上の実務経験が必要)
児童指導員任用資格
知的障害者福祉司任用資格

受験・申請・基礎資格が得られる資格

社会福祉士
精神保健福祉士

取得を応援する資格

手話通訳士 
手話通訳者 
全国手話検定

※社会福祉士と精神保健福祉士の2つの資格は一緒に取得することはできません。
※精神保健福祉士と高等学校教諭1種免許状(福祉)の2つの資格は一緒に取得することはできません。
※任用資格とは、その業務に就いたときに発効する資格です。
※カリキュラムの構成上、重複して資格取得できない場合があります。
 また実習科目を履修する際には、大学が示す条件を満たす必要があります。

専任教員

教員名をクリックすると詳細をご覧いただけます。


朝倉 美江 教授 浅野 正嗣 教授 王 文亮 教授
窄山 太 教授 柴田 謙治 教授 柴田 学 講師
高橋 和文 准教授 林 智樹 教授 原 史子 教授