HOME > 学部・学科 > コミュニティ福祉学科(2010年度入学生〜2011年度入学生)
INFORMATION

現代文化学部(〜2011年度入学生)コミュニティ福祉学科(2010年度入学生〜2011年度入学生)

地域の人々と福祉をつなぐ、 ソーシャルワーカー。

例えば、突然の病気のために入院する人がいるとします。 もし、その人が働いているお母さんなら、 子どものことや仕事復帰など心配ごとはいろいろあるでしょう。 そんなときに、本人や家族の相談にのり、 利用できる福祉サービス・制度を紹介しながら、 問題の解決を手助けするのが、ソーシャルワーカー。 人と福祉をつなぐ大切な仕事、と言えます。 先ほどのような突然の病気やケガなどのケースに加えて、 地域には一人暮らしのお年寄りや障がいのある人、 さまざまな事情で親と一緒に暮らせない子どもたちなど、 社会的な支援を必要とする多くの人がいます。 コミュニティ福祉学科は、 地域=コミュニティで生活する人々の幸せを追究する学科。 一人ひとりの暮らしとこころに寄り添いつつ、 広い視野で適切なサポートができるソーシャルワーカーを育てます。

この学科の強み

1 専門ソーシャルワークを学ぶ

福祉・保健・医療・学校など各分野で必要とされる専門ソーシャルワークを、相談援助実習に取り組みながら身につけます。

2 手話や福祉スポーツ指導の技術も

手話通訳、レクリエーションや障がい者スポーツの指導、社会調査など、福祉の多様な場面で活かせる専門技術を学びます。

3 社会福祉士資格の取得をめざす

ソーシャルワーカーになるために必要な、社会福祉士国家試験に対応したカリキュラムにより、資格取得を強力にサポートします。

この学科の学び

社会福祉を学ぶ

子どもが適切な養育を受け、のびのびと育っていける環境。障がいのある人や高齢者が自立して生きていける社会。だれもがその人らしく暮らせる社会づくりをすることが、社会福祉の役割です。そのため、障がい者・高齢者・子ども・女性など、社会で“弱い立場”となりやすい人の立場で考えることが出発点となります。また、地域福祉・医療福祉・就労支援・スポーツ支援など、多様な視点も身につけます。社会福祉士の受験資格に対応した科目を中心に、幅広く社会福祉が学べます。

社会福祉実技・実践を学ぶ

“使える福祉”、すなわち社会福祉の考え方を実践するための手法を学びます。福祉施設での実習はもちろん、医療ソーシャルワーク実習、手話通訳のトレーニング、レクリエーションや福祉スポーツ実技など、体験を通して学ぶ機会を豊富に用意。それらを通じて、福祉の現場を知るとともに、専門性の高い実践技術を身につけます。また、ソーシャルワーカーやケアマネージャー、社会福祉機関の職員など、現場で活躍中の福祉専門職の方々からお話を聞く機会も設けています。

地域社会の課題を学ぶ

私たちが日々の生活を送る地域=コミュニティには、生活に密着した問題がいろいろあります。それらに対処できるよう、コミュニティ福祉の現状と課題を学びます。例えば、家族と社会の関わり、高齢者の生きがいづくり、バリアフリー住宅、地域福祉に関わる政策や法律など、さまざまなテーマの科目を設置。また、コミュニティの現状を把握するうえで役立つ社会調査の技法を身につける科目や、個人の自立を支えるコミュニティづくりを総合的に考える科目もあります。
TOP of PAGE

福祉を体感できる現場での実習

3年次に開講する「相談援助実習」では、地域にある福祉施設・機関で実習を行います。利用者や職員の方々と接することで、福祉の実際を体感できます。また、スムーズに実習に取り組めるよう、車いす体験や子どもの遊び体験など、事前指導もしっかり行っています。
TOP of PAGE

資格取得を徹底支援

社会福祉士

身体・精神の障がいや環境上の理由によって、日常生活に支障がある人々の福祉の相談に応じ、助言・指導・福祉サービスを提供する専門家。職場は福祉施設や病院など。指定科目の履修によって「社会福祉士国家試験」の受験資格が得られます。

障害者スポーツ指導員

障がいのある人が体を鍛えたり、スポーツを楽しんだりするのをサポートするため、障がいに応じた適切な指導をする専門家。障がい者スポーツのすそ野を広げる重要な存在です。指定科目の履修によって初級障害者スポーツ指導員の資格が得られます。

手話通訳士

手話通訳者の中でも、より高度な技術と知識を持ち、厚生労働大臣認定の試験に合格した人を「手話通訳士」と言います。本学では、全国の4年制大学で初めて手話通訳士の養成科目を正規の授業として設置し、レベルの高い指導をしています。

社会調査士

社会学の知識と技法を用いて、世論や市場動向、社会で起こる事象などを把握できる能力を有する調査の専門家。地域社会の実態や問題をつかみ、福祉の実践に活かしていく上でも、大いに役立つ資格です。指定科目の履修によって資格が得られます。
TOP of PAGE

めざす進路

医療ソーシャルワーカー(MSW:Medical Social Worker)
福祉で相談・指導・援助を行う社会福祉士
手話通訳士・手話通訳者
高校の福祉科教員
医療機関、福祉施設
福祉系企業
一般企業で福祉知識を活かせる部門
公務員 など

取得資格一覧

取得できる資格

初級障害者スポーツ指導員
社会調査士
レクリエーション・インストラクター
高等学校教諭1種免許状(福祉)
社会福祉主事任用資格
児童福祉司任用資格(1年以上の実務経験が必要)
児童指導員任用資格
知的障害者福祉司任用資格

※任用資格とは、その業務に就いたときに発効する資格です。

受験・申請・基礎資格が得られる資格

社会福祉士

取得を応援する資格

手話通訳士・手話通訳者

※カリキュラムの構成上、重複して資格を取得できない場合もあります。

専任教員

教員名をクリックすると詳細をご覧いただけます。


朝倉 美江 教授 浅野 正嗣 教授 王 文亮 教授
窄山 太 准教授 柴田 謙治 教授 柴田 学 講師
高橋 和文 准教授 時岡 新 准教授 林 智樹 教授
原 史子 教授