HOME > 学部・学科 > 薬学科
INFORMATION

薬学部薬学科

薬物治療のプロにふさわしい高度な専門性と実践力。患者さんの病状や生活に応じてオーダーメイドの支援ができる力。現代社会で必要とされる、命を支える薬剤師を育てます。

この学科の強み

1 高度な医療薬学を学び、問題解決能力を養う

治療に役立てるための高度で実践的な医療薬学を学びます。その基礎として化学や生物学の領域を確実に理解します。演習形式で行う『薬学PBL』や『薬学CBL』などの授業では、医療現場で必要な問題解決能力も身につけます。

2 金城オリジナル“屋根瓦方式”で効果的に学ぶ

上級生が下級生を指導する“屋根瓦方式”の授業スタイルを導入。本学独自の学び方は、知識の習熟度を高めるとともにリーダーシップや協調性、コミュニケーション能力の向上につながっています。

3 女性が安心して相談できる薬剤師に

女性特有の生理や冷え性、便秘などの悩みがあっても、男性薬剤師にはなかなか相談しにくいもの。そんな女性のデリケートな悩みにもきめ細かく対応でき、安心して相談してもらえる薬剤師を育てます。

この学科の学び

治療に役立てるための薬学「医療薬学」

本学科で学びの中心となる領域です。医療現場で働くにあたって、患者さんの治療に役立てるために正しく薬を使用する知識と技術を身につけます。まずは、基礎薬学分野として有機化学・生化学・物理化学などをしっかりと理解し、さらに衛生薬学分野の知識を学びます。そして、薬剤学・薬理学・薬物治療学をはじめとする医療薬学分野の専門科目群を履修。チーム医療の一員として医師や看護師との連携、医療に関する法律や倫理についても学びます。

情報識別能力
薬剤師の重要な仕事のひとつに、患者さんの薬歴管理や医師への情報提供があります。PCや情報端末を情報活用ツールとして利用できるよう、その操作スキルを磨き、情報を収集し取捨選択できる力を身につけます。

コミュニケーション能力
医師への処方アドバイス、患者さんへの服薬指導。薬剤師はさまざまな場面で対人能力が必要とされます。「コミュニケーション技法」や屋根瓦方式を取り入れた授業により、高度なコミュニケーション能力を育てます。

ホスピスケア
終末期の患者さんとその家族の人生や生活の質(QOL)を向上させるケアのあり方について学びます。本学は、日本の薬学部で初めてホスピスケアの授業を開講しました。

こころの理解
患者さんの痛みを理解する鋭い洞察力も、薬剤師に必要な能力。患者さんの立場を疑似体験したり、ライフステージ別のケアについて考えたりと、こころを理解する力を育てることも重視しています。

ハーブ・漢方薬
医薬品の原料や漢方薬になる薬用植物、民間療法や統合治療に用いられるハーブについて理解します。同じキャンパス内に薬用植物園を備えているため、多様な薬用植物を見て触れて学ぶことができます。

化粧品・アロマ
科学の視点から化粧品・香水・スキンケア・アロマテラピーなどを学びます。化粧品の開発者をゲスト講師として招く授業もあり、女性の悩みに応えられる薬剤師をめざすために欠かせない分野です。

栄養・サプリメント
食生活に関する知識は、病気の予防や治療の基本となるもの。その知識を総合的に養うため、栄養学や食品学を学び、さらにサプリメント開発のプロから直接学ぶ、ファンケル提携「サプリメントプログラム」も設けました。

実務実習(5年次)

病院・薬局で合計22週間にわたる実習を体験します。実習施設は、薬学教育協議会東海地区調整機構によって振り分けられ、各大学の薬学部生は全く等しい条件で実習の機会が保証されています。さらに、本学では薬剤師の職場(病院・薬局・製薬会社など)を見学する機会も数多く用意しています。

TOP of PAGE

めざす進路

医療分野

病院薬剤師 
薬局薬剤師
医薬情報担当者(MR:Medical Representative)
治験コーディネーター(CRC:Clinical Research Coordinator)

その他の分野

薬店・専門店などにおけるコンサルタント
製薬・化粧品・食品会社などの技術者 
保健所・衛生研究所などの公務員 など

取得資格一覧

取得できる資格

高等学校教諭1種免許状(理科)
中学校教諭1種免許状(理科)

受験・申請・基礎資格が得られる資格

薬剤師

薬剤師の免許を取得すれば、申請・届出・任命・研修により以下の資格が与えられます。
 麻薬管理者
 向精神薬取扱責任者    
 水道技術管理者
 建築物環境衛生管理技術者
 毒物劇物取扱責任者 
 第一種衛生管理者
 食品衛生管理者

薬剤師の免許を取得すれば、研修・認定試験合格などにより以下の資格が取得できます。
 専門薬剤師(がん専門薬剤師、感染制御専門薬剤師、精神科専門薬剤師など) 
 認定実務実習指導薬剤師 
 漢方薬・生薬認定薬剤師 
 研修認定薬剤師

※薬剤師の資格があれば、申請や講習会受講、試験科目一部免除などで取得できる資格が多数あります。
 詳細は関係する公共機関に確認してください。
※カリキュラムの構成上、重複して資格取得できない場合があります。
 また実習科目を履修する際には、大学が示す条件を満たす必要があります。

専任教員

教員名をクリックすると詳細をご覧いただけます。


青柳 裕 教授 網岡 克雄 教授 池田 義明 准教授
今井 幹典 准教授 大嶋 耐之 教授 太田 欣哉 准教授
大原 直樹 教授 奥村 典子 教授 小幡 由紀 准教授
黒崎 博雅 教授 小崎 康子 教授 佐伯 憲一 教授
篠原 康郎 教授 鈴木 隆二郎 教授 田平 知子 准教授
塚本 喜久雄 教授 津嶋 宏美 教授 中尾 誠 教授
永津 明人 教授 野田 康弘 教授 野々垣 常正 教授
林 一彦 教授 日野 知証 教授 福石 信之 教授
前田 徹 准教授 水谷 秀樹 教授 宮澤 大介 准教授
安田 公夫 教授 矢野 玲子 講師 山口 智広 教授
吉川 昌江 准教授 渡邉 真一 教授