HOME > 学部・学科 > 芸術・芸術療法学科(2009年度入学生〜2012年度入学生)
INFORMATION

人間科学部芸術・芸術療法学科(2009年度入学生〜2012年度入学生)

芸術を追究し、 豊かな表現力・指導力を養う。

あなたがめざしているのはピアニスト? デザイナー? それとも音楽や美術の先生でしょうか? 本学科には、音楽・美術・芸術療法の3つの分野があります。音楽の分野ではピアノや声楽の高い表現能力を、美術の分野では豊かな創造力と鑑賞力を、そして芸術療法の分野では芸術の力を心身のケアに活かすための実践力を養います。表現者として人々に感動を与えたい人、芸術の研究や教育に情熱を注ぎたい人、あるいは医療・福祉の分野で活躍したい人…。そんな個性豊かな人たちが、刺激を与え合いながら成長している学科です。

この学科の強み

1 ハイレベルな演奏力と創造力

教員の多くが現役のピアニスト・オペラ歌手・指揮者・画家・彫刻家・美術評論家たち。ハイレベルな実技指導で才能を引き出し、優れた表現者へと導きます。

2 芸術療法の現場で学ぶ

芸術療法の実際を知るために、医療や福祉の現場で実習。音楽療法士の仕事や対象者への接し方をリアルに学びます。

3 芸大にはない、多様な学びを

総合大学ならではのメリットとしてさまざまな学部・学科の授業の履修やゼミ研究ができ、多様な体験から自分の進路を模索できます。

この学科の学び

ピアノ・声楽の表現力を磨き、音楽的視野を広げる「音楽の分野」

充実した個人レッスンで演奏家や教育者など音楽の専門家をめざします。ピアノでは、日本人の骨格に合った体の使い方を修得して演奏力を高めます。声楽では、自分の声を育てながら感性豊かな歌唱法を身につけます。さらに希望によりレッスン時間を拡大することも可能です。また、芸術音楽の論理や歴史から楽曲分析や指揮法、日本の伝統音楽や世界の民族音楽まで、音楽的視野を広げるための科目も充実。より豊かな表現力とともに作曲や音楽の研究・指導に必要な能力を養います。

創る・観る喜びを実感し、創造力と鑑賞力を養う「美術の分野」

作品制作を通して自分で創る喜びを実感し、創造する力を養います。それと同時に、美術作品を観る楽しさを味わいながら鑑賞する力を高めます。実技では、絵画・彫刻・版画・デザインといった幅広い分野の作品を制作。講義では、西洋美術や現代美術、日本の絵画や工芸、中国の古美術などの世界観を堪能します。また、学外では展覧会の鑑賞ツアーや学芸員になるための博物館・美術館実習も。美術の表現・研究・指導の各分野で活躍できる実力を身につけます。

音楽・美術の癒しの力を知り、セラピー技法を学ぶ「芸術療法の分野」

【基礎理論】
音楽や美術が持つ言葉を超えた癒やしの力を活かし、人間の生命力を引き出すのが芸術療法です。発達障がいのある人や統合失調症・認知症などの患者にも用いられます。そうした基礎的な知識をふまえ、音楽療法や絵画療法などの専門分野を深めます。芸術療法の基礎となる医学・心理学・福祉・教育などの領域も幅広く学ぶことができます。
【実践各論】
芸術療法を必要とする人への理解を深め、各技法の実践に取り組みます。たとえば、音楽療法に用いる伴奏のテクニックを身につけたり、絵画や造形を通してこころの表現や理解を試みる体験を行います。また、セラピー(療法)の擬似体験を通じて課題を検討する授業や、医療・福祉の現場で対象者への関わり方や援助方法を学ぶ機会もあります。
TOP of PAGE

プロの音楽家をめざすあなたへ

ロンドン大学ゴールドスミス校派遣留学プログラム

ハイレベルな音楽の指導に定評があるロンドン大学ゴールドスミス校への留学プログラム。本学との提携により、留学中(約8カ月間)の修得単位は本学の単位として認定されます。また、ロンドン在住の音楽家のレッスンを受けられるのも魅力です※。本学科卒業生の中には、同校の大学院(修士課程演奏学専攻)に進学し、さらにピアノに情熱を傾けている人も。あなたもプロの音楽家をめざして留学しませんか? ※ただし学科長の認可が必要。費用については、学内教員に師事した場合と同等 の費用(レッスン12時間分)までを学納金から支払うことができる。
TOP of PAGE

めざす進路

音楽分野

中学・高校の音楽科教員、大学講師
ピアノ教室・リトミック教室などの講師、ヤマハシステム講師
演奏家・作曲家・音楽研究者

美術分野

中学・高校の美術科教員、大学講師
博物館・美術館の学芸員
アートマネジメント・美術史研究者
アーティスト・デザイナー・イラストレーター

芸術療法分野

音楽療法士・芸術療法士 など

取得資格一覧

取得できる資格

高等学校教諭1種免許状(音楽)
高等学校教諭1種免許状(美術)
中学校教諭1種免許状(音楽)
中学校教諭1種免許状(美術)
学芸員
認定心理士

受験・申請・基礎資格が得られる資格

音楽療法士(臨床経験が必要)★

指定の科目を履修すると日本音楽療法学会認定の「音楽療法士(補)」の受験資格を得られます。試験を受けて音楽療法士(補)の資格取得後、3年間の臨床経験(在学中の実習も臨床経験に含む)、レポート提出などを経て正規の「音楽療法士」として認定されます。

※カリキュラムの構成上、重複して資格を取得できない場合もあります。

専任教員

教員名をクリックすると詳細をご覧いただけます。


飯田 真樹 教授 内田 和孝 教授 小松 長生 教授
中根 浩晶 准教授 馬塲 マサヨ 教授 治田 哲之 准教授
山脇 一夫 教授 渡辺 恭子 教授