HOME > 学部・学科 > 生活マネジメント学科
INFORMATION

生活環境学部生活マネジメント学科

生活者の目線で社会をとらえ、人生をマネジメントする力を養う。

この学科の強み

1 生活に役立つ実践的な能力を身につける

学ぶのは消費・家族・情報の3分野。家族のあり方から年金・税金の知識まで、生活設計に役立つ知識を幅広く習得できます。

2 金融・保険業界で有利な資格取得を支援

ファイナンシャルプランナーの資格取得をめざす「AFP認定研修プログラム」に加え、金融業界で必須の外務員(証券)資格の取得も支援します。

3 教員・公務員の採用試験対策も充実

「家庭科(中学・高校)・情報科(高校)教員養成プログラム」や、行政の場で活躍できる人材を育てる「公務員プログラム」も用意しています。

この学科の学び

[ファイナンシャルプランナー養成コース]AFP認定研修プログラム

「2級ファイナンシャル・プランニング技能検定試験」の受験資格を取得。

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、個人や家族の夢や目標を実現するためのライフプランを考え、経済・金融・不動産・税金・保険などの知識を生かしてサポートする専門家。生活の多様化や社会の複雑化が進むなかで、身近なアドバイザーとして今後ますます必要とされる職業です。本学科の「AFP認定研修プログラム」では、指定科目の履修により、実務経験なしでFPの必須資格といえる2級ファイナンシャル・プランニング技能検定試験の受験資格が得られます。また、本学科の特色である家族や消費者をテーマとした学びは、将来FPとして顧客に対応するときに役立ちます。

[教員・公務員養成コース]教員養成プログラム

学科の学びを、教員としての強みに。採用試験合格まで手厚くサポート!

教員養成課程は、教職に関する科目と教科に関する科目で構成されています。 そのうち、本学科の教員養成プログラムの教科に関する科目は、本学科の専門科目であるため、その特色を生かして、消費生活、家族福祉、情報活用に関する知識とスキルを身につけた家庭科教員や情報科教員をめざすことができます。教職課程履修者に登録すると、教員採用試験に向けた学習指導を受けたり、面接、グループディスカッション、小論文などの対策講座に参加することができ、自信を持って教員採用試験に臨めます。これまでも狭き門を突破し、夢を叶えて教員として活躍するOGが数多くいます。

[教員・公務員養成コース]公務員養成プログラム

生活者の視点を持った公務員をめざす。「フォローアップ講座」も開講!

公務員養成プログラムでは、「政治学概論」「経済学概論」「法律学概論」「行政学」などの専門教育選択科目と、「生活マネジメント特論A・B・C」などの公務員試験対策特論科目に加えて、全国公開模擬試験を含む「フォローアップ講座」も開講。生活設計を学びの軸とした本学科では、生活者の視点を持った公務員をめざすことができます。一般企業への就職をめざす場合にも、公務員試験対策特論科目は適性検査(SPI)や学科試験の対策として役立ちます。

TOP of PAGE

めざす進路

消費者の視点から考えるファイナンシャルプランナー
銀行や証券会社などの金融業
中学・高校の家庭科教員、または高校の情報科教員
公務員
保険会社
消費生活センターなどの相談員
製造・流通業、サービス業
SEやプログラマーなどの情報通信業 など

取得資格一覧

取得できる資格

高等学校教諭1種免許状(家庭)★
高等学校教諭1種免許状(情報)★
中学校教諭1種免許状(家庭)★

受験・申請・基礎資格が得られる資格

2級ファイナンシャル・プランニング技能士
AFP(Affiliated Financial Planner)

取得を応援する資格

外務員(証券)
消費生活相談員
消費生活アドバイザー
販売士
消費者力検定
ITパスポート試験(情報処理技術者)
基本情報技術者試験(情報処理技術者)
日商簿記検定
Microsoft Office Specialist検定
経済学検定
法学検定

★2019年度教職再課程認定申請中。
 (ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。)
※カリキュラムの構成上、重複して資格取得できない場合があります。
 また実習科目を履修する際には、大学が示す条件を満たす必要があります。

専任教員

教員名をクリックすると詳細をご覧いただけます。


荒深 美和子 教授 上野 顕子 教授 大坪 克俊 准教授
古寺 浩 教授 田代 正彦 講師 中森 千佳子 教授
丸山 千賀子 教授 宮坂 靖子 教授 山中 稚菜 講師