HOME > 大学院・研究科
INFORMATION

大学院・研究科

専攻名をクリックすると、詳細をご覧いただけます。


文学研究科 博士課程

文学研究科は、人間性、現代性、国際性、コミュニケーションを軸に、それぞれの専門分野から21世紀の社会を担い、指導的役割を果たす女性の育成をめざしています。

国文学専攻 前期課程・後期課程

日本固有の言語文化を総合的に研究する国文学は、日本文化研究の根幹に位置づけられている学問です。国文学専攻では「日本文学」「日本語学」「日本語教育」の3分野について学習・研究できます。自らの問題意識に基づき日本の言語文化を研究できる、新しい時代にふさわしい研究者・社会人を育てます。

英文学専攻 前期課程・後期課程

研究するのは「英米文学」「英語学」「英語教育」「通訳」の4分野。充実した講師陣のもとで英語運用能力を高めながら、少人数制のハイレベルな授業で、英米の言語と文学を深く研究します。修了後は大学などで英語教育に携わっている人が多く、社会人経験のある人も入学しています。

社会学専攻 前期課程・後期課程

社会学の理論を基礎とし、グローバルな視点からの日本社会と異文化社会の比較研究、福祉や社会問題など、社会科学に関するさまざまな問題を研究します。あらゆる問題解決のための判断力・洞察力、そして社会調査の能力をそなえた、望ましい社会の発展を先導できる専門家を養成します。専門社会調査士もめざせます。

人間生活学研究科 博士課程

人間生活学研究科は、自然的、物的、社会的環境との相互作用の中で、「生活の価値」の実現と「生活の質」の向上をめざしつつ、人間生活を物質的、精神的、社会的に充実発展させるという理念の基に教育・研究を進めます。

消費者科学専攻 前期課程

消費者科学に関する多様な問題を、「生活経営学・生活経済学」「健康栄養科学」「生活薬科学」「被服環境学」「住環境学」の分野から専門的に学習・研究します。また、分野を超えて広く学ぶことも可能です。消費者をめぐるさまざまな問題を解明し、解決へと導く科学的な提言ができる人材を育てます。

人間発達学専攻 前期課程

「発達学分野」「臨床心理学分野」の2分野があり、それぞれの分野で専門性を高めることができます。生涯発達の観点から、個人の発達に関わる問題に適切に対応するため、高度な専門能力と豊かな人間観を身につけた人材を育てます。臨床心理士受験資格が得られるのは、この専攻です。

人間生活学専攻 後期課程

中部地域で初(1999年開設)、かつ唯一の博士課程・人間生活学専攻です。 「消費者科学領域」、「人間環境学領域」、「人間発達学領域」の3領域を設けています。前期課程に積み上げる方式ではなく、前期課程の2専攻を深化・統合して、さらに総合的・学際的な人間生活の諸問題について研究します。

教員一覧

取得学位・資格一覧