HOME > 学生生活 > 修学支援
INFORMATION

修学支援

外国語習得

今日のグローバル社会において、今や世界の基軸言語として確固とした地位をしめる英語は、インターネットの発展とあいまって、その重要性を急激に増大させています。その一方で、中国語、フランス語、スペイン語、ドイツ語はそれぞれ程度の差こそあれ、国際語としてなお重要な役割を担っています。また、韓国・朝鮮語は最も近い隣人の言語として、私たちにとってとりわけ大切な意味を持っています。こうした言語を学ぶことによって、学生たちは異文化に生きる人々とのコミュニケーションの手段を獲得するだけでなく、自分の属する文化を相対化する視点を獲得し、グローバル社会に生きるのに必要な心の姿勢を身につけることができます。言語センターでは、金城学院大学における外国語教育の一層の充実と内容の最適化を行うとともに、学生スタッフによる自習のサポート等を行っています。

言語センターはこちら

情報教育

情報社会では、情報機器の扱い方や情報技術の知識を深め、社会で活用できる力を身に付ける事が重要です。
マルチメディアセンターでは、情報社会で活躍するために必要な能力や知識を身に付けられるよう、情報システムを活用し、授業支援や学習支援を行っています。また、TA・SA(学生スタッフ)による質問対応等のサポートもしています。

マルチメディアセンターはこちら

国際交流

国際化時代には、異文化を理解し、グローバルな視野を持った人材の育成が必要です。国際交流センターでは、多彩な海外留学制度や受入れ留学生との交流プログラムを設けています。

国際交流センターはこちら

キャリア・アップ

本学では、学生の皆さんが「就職スキル」あるいは「資格対策」を独学より効果的に学習できるよう、学内外の専門家の先生を招いて低価格の受講料で受講できるように、様々なキャリア・アップ講座を企画運営しています。就職対策講座や資格対策講座を計画的に受講して来るべき就職活動のために備えることをお勧めします。

キャリア・アップ講座はこちら

奨学金

修学への意欲を経済的な面から支援します。本学独自の奨学金制度と日本学生支援機構などの学外奨学金制度があります。

奨学金についてはこちら

留学生への支援

履修支援センターでは、受入れ留学生用の授業科目として日本語科目・日本事情に関する科目を開講しています。
国際交流センターでは、受入れ留学生の日本語学習サポート、生活サポート、ランゲージパートナーの紹介など、学習面や生活面の支援を行っています。
キャリア支援センターでは、送出し留学生の帰国後、就職活動がスムーズに行えるよう、国際交流センターと協力して事前のガイダンスや留学中の情報メール送信、帰国後の個別指導、留学生向けのセミナーの案内、企業紹介など、万全のサポートを行っています。

障害者への支援

入学前に打合せを行い、個別の対応を取らせていただきます。