金城学院大学は2007年度~2011年度までの5年間にわたり、文部科学省私立大学学術高度化推進事業「オープン・リサーチ・センター整備事業」として「脂質栄養と性差に関するオープンリサーチ・センター」プロジェクトを展開してまいりました。その間、多くの方々からご協力とご支援をいただいたことに、あらためて感謝申し上げます。 本サイトでは、2012年3月をもって終了いたしました本プロジェクトに関する研究の経過とその成果についての情報を提供いたします。

金城学院大学オープン・リサーチ・センター整備事業とは

文部科学省が私立大学の大学院・研究所の中から、多様な人材を受け入れ、研究と併せて若手研究者や高度専門職業人などの人材育成を行ったり、研究成果を広く公開するなど、オープンな体制の下に、研究を推進する優れた研究組織を「オープン・リサーチ・センター」に選定し、総合的かつ重点的な支援を行うことにより、私立大学における研究基盤を強化し、我が国学術研究の発展に資することを目的としています。

金城学院大学オープン・リサーチ・センターとは

2007年度に文部科学省より選定された、消費生活科学研究所の「脂質栄養と性差に関するオープン・リサーチ」では、現在、大きな転換を余儀なくされている“脂質栄養”についての新方向を、消費者側から広報し、油脂の有効性、安全性の基礎研究をすすめます。また、性差医療に関する情報の収集・広報を通して、みなさんの健康増進に役立つ研究成果を発信します。

“脂質栄養と性差”に関するオープン・リサーチ 

文部科学省私立大学学術研究高度化推進事業採択(2007~2011)
“脂質栄養と性差”に関するオープン・リサーチ
金城学院大学 消費生活科学研究所

研究目的 : 本研究の目的を説明します。
広報・研究活動 : 広報活動ならびに研究活動をご紹介します。
脂質栄養学の新方向とトピックス : 本研究 アウトラインのご紹介と詳細なPDFデータのダウンロードのページです。
e-learningへの情報発信 : 健康・福祉情報提供の医療教育研究所 e-learning への情報発信です。
長寿のための“コレステロール ガイドライン 2010年版” : コレステロール低下医療に警鐘