コラージュ療法(collage therapy)

心理療法とは

コラージュ療法は,心理療法の一分野である芸術療法に属する方法である。まず,心理療法とは,19世紀の終わり頃から20世紀の初めにかけて,フロイトの始めた精神分析から発展したものと言ってよいだろう。フロイトは,『精神分析入門』の冒頭で次のように定義している。

「精神分析では医師と患者の間に言葉のやり取りがあるだけ。患者は過去の経験と現在の印象について語り,嘆き,その願望や感情の動きを打ち明ける。医師はこれに耳を傾け,患者の思考の動きを指導しようと試み,励まし,その注意を特定の方向へと向かわせ,そしていろいろと説明してやり,その時に患者が医師の言うことを了解するか,あるいは拒否するのか,という反応を観察する。」

つまり,精神分析(心理療法)とは,医師(カウンセラー)と患者(クライエント)との間で対話そのものである。フロイトはその対話の手段を「言葉のやり取り」だけと考えたが,その後,芸術療法家は,言葉以外の様々な方法(絵画,箱庭,粘土,音楽,ドラマ,舞踊など)でもそれが十分可能であると主張するようになる。コラージュ療法は芸術の技法のひとつであるコラージュを主として利用しようとするものである。すなわち,コラージュを通してクライエントは様々な心の内実を訴えることが可能となり,カウンセラーはクライエントの気持ちをより正確に理解することができるようになる,その結果,心理療法が進むという仮説から出発している。コラージュはこの相互交流の手段として,非常に重要な役割を果たすことができる。単に美的作品を作るという意味でのコラージュ制作と,心理療法としてのコラージュ療法とはこの点において明確に区別される。コラージュ療法では作品の美的価値はまったく問題にならない。

コラージュとは

さて,コラージュ(collage)とは膠(にかわ)による貼り付けという意味のフランス語である。collageの語源はコラーゲンcollagenに由来している。コラーゲンは細胞と細胞の隙間を埋めている繊維状のタンパク質で,接着剤,化粧の保湿剤,食材のゼラチンなどとして広く使用されている。方法は非常に簡単明瞭で,雑誌やパンフレットなどの絵や写真,文字などをハサミで切り抜き,台紙の上で構成し,貼り付けるだけである。

コラージュはもともとピカソ(Picaso,P. 1881-1973)やブラック(Braque,G. 1882-1963)によって芸術の一つの技法として20世紀の初めに登場してきた。芸術家が自分独自のものを創作するのではなく,社会的産物である既成のイメージを切り貼りして作品を作るという発想の転換は,以後の20世紀芸術に大変革を与えることになった。

コラージュと心理臨床の関係

コラージュが心理臨床分野へ導入されるようになったいきさつははっきりしていない。最初は,1970年代初期,アメリカで作業療法のひとつとして導入されたらしい。後に芸術療法としても取り入れられるようになったようである。アメリカやヨーロッパでは,様々な芸術的技法が使われており,その中の一つとしてコラージュも使用されている。しかしながら,それだけを「コラージュ療法」と呼ぶことはないようである。諸外国ではその起源がはっきりせず,多くの芸術療法のひとつという位置づけである。

日本におけるコラージュ療法の成立と発展

コラージュ療法は,諸外国の方法が日本にもたらされて発展したという経過とは事情が違う。また,本学会は外国の学会を真似て設立されたわけではない。諸外国で「コラージュ療法学会」として成立していることは聞いたことがない。

今日振り返ってみると,コラージュは日本の芸術療法分野の文献にもほんのわずか散見されるが(山中1986),こらが起点にまとまってコラージュ療法へと発展したわけではない。

コラージュ療法は日本において偶然の機会に見いだされ,独自の起源と発展をたどってきた。日本では箱庭療法が直接のモデルになっている。箱庭療法は1965年,河合隼雄先生によって,スイスから日本に伝えられ,その巧みな指導のおかげで大きく発展してきた。しかし,この方法はかなり大がかりな設備を必要とする。箱庭の設備のない環境においても,箱庭技法に匹敵するような有効性を持ち,かつ簡便な方法が求められていた。そのような中,1987年5月,森谷寛之はたまたま雑談中に,箱庭療法とコラージュの本質的関係に気づき,コラージュの持つ意義の重要性を再発見した。森谷は箱庭療法の本質とは,「立体のミニチュア玩具(レディ・メイド)を砂箱の中に並べることにある」(中村1984)という認識に至った。つまり,「平面の絵や写真(レディ・メイド)を台紙の上で組み合わせ,貼り付けること」でも箱庭療法と同じような効果を持つはずだと考えた。すぐに心理臨床実践に導入し,その有効性を確認し,理論化し,1987年12月に学会発表した。

諸外国では,コラージュと箱庭療法は無関係のままである。

コラージュは身近にあるパンフレットや雑誌から題材を借りることによって,絵も描けない幼児から老人まで幅広く適用することができる。また,健康な人から,うつ病や精神病水準の人たちまでも適用することができる。コラージュは,手軽さ,適用範囲の広さと表現能力の多彩さ,豊富さを特徴としてあげることができる。現在では,学校,病院,施設など非常に多くの場所で実践されている。

コラージュは比較的安全な方法であると言われている。それは日頃,見慣れたイメージを素材にしていることが一因である。また,いろいろな段階で表現を忌避することができる。表現しない自由も与えられている。切り抜きを選ぶ段階,いざ貼り付ける段階でも忌避できる。また,表現したくない場合,自分の気持ちとは無関係なイメージを敢えて貼り付けることができる。表現する自由と表現を忌避できる自由があることが重要である。このように比較的安全な方法とは言え,適用するにあたっては心理療法の基本ルールに則り慎重にするべきことは当然である。

文 献

  • フロイト 1917 懸田克躬・高橋義孝訳 1971 精神分析入門 フロイト著作集1 人文書院
  •  
  • 池田満寿夫 1987 コラージュ論 白水社
  •  
  • 河合隼雄(編)1969 箱庭療法入門  誠信書房.
  •  
  • 河合隼雄・中村雄二郎 1984 トポスの知 TBSブリタニカ
  •  
  • 森谷寛之 1988 心理療法におけるコラージュ(切り貼り遊び)の利用(抄) 精神神経学雑誌, 90(5), 450.
  •  
  • 森谷寛之 2002 箱庭療法とコラージュ療法-コラージュ療法成立のいきさつ 岡田康伸編 箱庭療法シリーズⅡ-箱庭療法の本質と周辺 現代のエスプリ別冊 至文堂 pp.142-155
  •  
  • 山中康裕 1986 分析心理療法(ユング派),精神療法による自己実現 精神科MOOK 15,吉松和哉編「精神療法の実際」,23-33, 金原出版