HOME > 大学概要 > 3つのポリシー > ディプロマポリシー > 人間生活学研究科
INFORMATION

人間生活学研究科

人間生活学研究科博士課程前期課程消費者科学専攻、人間発達学専攻ディプロマ・ポリシー

大学院人間生活学研究科前期課程では、2年以上4年以内在学し、各専攻が定める総単位を修得し、次の能力を備え、審査及び最終試験に合格した学生に、修士の学位を授与する。
(知識)
1.豊かな人間性を支える広い教養を身につけている。
2.広い視野に立って高度で清深な学識を身につけている。
(思考力・実践力)
3.専攻分野における高度な思考力を身につけている。
4.高度な専門性を有する職業等に必要な実践力を身につけている。
(コミュニケーション力)
5.専攻分野における研究能力を用いて他者の意見を理解するとともに、自分の意見を充分に表明できる能力を身につけている。
6.自分の意見や立場について常に考える姿勢を身につけている。
TOP of PAGE

人間生活学研究科博士課程後期課程人間生活学専攻ディプロマ・ポリシー

大学院人間生活学研究科後期課程では、3年以上在学し、所定の単位を修得し、必要な指導を受けた上、博士論文の審査及び最終試験に合格した学生に、博士の学位を授与する。
(知識)
1.豊かな人間性を支える広い教養を身につけている。
2.広い視野に立って高度で豊かな学識を身につけている。
(思考力・実践力)
3.専攻分野において研究者として自立した研究活動をおこなうことができる。
4.高度な専門性を有する業務に従事する研究能力を身につけている。
(コミュニケーション力)
5.専攻分野における研究能力を用いて他者の意見を理解するとともに、自分の意見を充分に表明出来る能力を身につけている。
6.自分の意見や立場について常に考える姿勢を身につけている。
TOP of PAGE