HOME > 大学概要 > 3つのポリシー > ディプロマポリシー > 人間科学部
INFORMATION

人間科学部

人間科学部ディプロマ・ポリシー

人間科学部では、4年以上在学し、各学科が定める卒業要件総単位数を修得し、次の能力を備えた学生に卒業を認定し、学位を授与する。
(知識・技能)
1.豊かな人間性を支える教養を身につけている。
2.科学的な視点から人間を理解するための知識を身につけている。
3.教育学、心理学、社会福祉学を基礎とした専門的な知識と技能を身につけている。
(思考力・実践力)
4.人間の多様な側面を総合的、多角的に理解するための思考力を身につけている。
5.専門的倫理、知識、技能を統合し、効果的な実践を行うことができる。
(コミュニケーション力)
6.他者に肯定的な関心をもち、他者と積極的にかかわることができる。
7.他者の意見を尊重しつつ、自分の意見を表現することができる。
TOP of PAGE

現代子ども学科(2018年度入学生まで)/現代子ども教育学科(2019年度入学生から)

現代子ども教育学科では、4年以上在学し、128単位以上を修得し、次の能力を備えた学生に卒業を認定し、学位を授与する。
(知識・技能)
1.子どもの心と身体の発達に関する知識を身につけている。
2.幼児・初等・中等教育あるいは保育の内容および指導法を習得している。
3.教育者あるいは保育士として活躍できる専門的倫理、知識、技能を身につけている。
(思考力・実践力)
4.幅広い年齢の子どもを総合的・多角的に理解することができる。
5.子どもや家族が置かれている状況を踏まえつつ、保育や家族支援、教育のあり方について考えることができる。
6.専門的倫理、知識、技能を統合し、効果的な実践を行うことができる。
(コミュニケーション力)
7.他者の意見を尊重しつつ、自分の意見を表現することができる。
8.子どもの発達や特性に応じたコミュニケーションをとることができる。
9.教育あるいは保育活動に必要な協調性や協働力、指導力を身につけている。
TOP of PAGE

多元心理学科

多元心理学科では、4年以上在学し、128単位以上を修得し、次の能力を備えた学生に卒業を認定し学位を授与する。
(知識・技能)
1.人に対する肯定的な関心を持っている。
2.人の行動と心の動きについての知識とその理解の方法と技法について学修し、社会や人間関係の中で、自己の能力を発揮していく力を身につけている。
3.自らの関心を深めるための意欲と能力を有し、心理学的専門性を用いて社会へ貢献することができる。
(思考力・実践力)
4.さまざまな人間の行動と心理的現象について、心理学で用いられる論理をもとに分析・理解することができる。
5.上記の思考にしたがって、心理学的研究法をもちいて、考察を行うことができる。
6.上記の人間理解の活動を通して、自己理解および他者理解を深めることができる。
7.これらの力を通して他者や社会に働きかけることができる。
(コミュニケーション力)
8.上述の実践等を実現するために自ら思考したことがらを、適切な表現を用いて発信する能力を有する。
9.相手の意見や説明を客観的で中立的な態度で聴くことができる。

TOP of PAGE

コミュニティ福祉学科

コミュニティ福祉学科では、4年以上在学し、128単位以上を修得し、次の能力を備えた学生に卒業を認定し、学位を授与する。
(知識・技能)
1. 豊かな人間性を支える教養を身につけている。
2. 科学的な視点から人間を理解するための知識を身につけている。
3. コミュニティにおける多様な生活問題を把握し、問題解決とコミュニティ形成を行うために必要な知識と技能を習得している。
(思考力・実践力)
4. 人間の多様な側面を、「個人と環境」という複眼的な視点から、総合的、多角的に理解するための思考力を身につけている。
5. ソーシャルウーマンに必要な倫理、知識、技能を統合し、問題解決とコミュニティ形成を行うことができる。
(コミュニケーション力)
6. ソーシャルウーマンの観点から、福祉課題を抱えた人やコミュニティを的確に理解し、社会関係を形成して、福祉的支援とコミュニティ形成をおこなうことができる。
7. 体験型学習・実践研修・実習を通じて、子ども・高齢者・障がいのある人とコミュニケーションをとり、生活や活動を支えることができる。
TOP of PAGE