HOME > 大学概要 > 3つのポリシー > カリキュラムポリシー > 文学研究科
INFORMATION

文学研究科

文学研究科 博士課程前期課程 国文学専攻 カリキュラム・ポリシー

文学研究科博士課程前期課程国文学専攻では、2つの専門領域に分けて、各領域で不可欠な専門教育科目を体系的に配置します。

教育内容、教育方法、評価について以下のように定めます。

  1. 教育内容
    (1) 国文学の領域では、学生が専門知識を広く深く究め、明晰な分析、批評ができるように、「国文学関連科目」として「国文学特論」「国文学特論(比較文学)」「国文学演習」「国文学演習(比較文学)」「国文学特殊研究」「国文学特殊研究(比較文学)」「中国文学特論」「中国文学演習」を設置します。
    (2) 国語学・日本語教育の領域では、学生が自立的に研究できる能力を涵養するため、「国語学・日本語教育関連科目」として「国語学特論」「国語学演習」「国語学特殊研究」「日本語教育特論」「日本語教育演習」「日本語教育特殊研究」を設置します。
  2. 教育方法
    (3) 各専門教育科目において、講義と演習の両方式により教育します。また、テーマの選択、先行研究の批判的分析、提案・実証の提示といった、研究指導を行います。
  3. 評価
    (4) 本専攻では、学生がディプロマ・ポリシーに掲げられた資質・能力及びこれらを総合的に活用する力を確実に身につけられたかを、個々の教員が適正に評価します。
TOP of PAGE

文学研究科 博士課程前期課程 英文学専攻 カリキュラム・ポリシー

文学研究科博士課程前期課程英文学専攻では、専門領域を英米文学、英語学、英語教育、通訳学の4つに分け、各領域で不可欠な専門教育科目を体系的に配置します。

教育内容、教育方法、評価について以下のように定めます。

  1. 教育内容
    (1) 英米文学の領域では、学生が専門知識を広く深く究め、明晰な分析、批評ができるように、「英米文学関連科目」として「英文学特論」、「英文学演習」、「米文学特論」、「米文学演習」、および「特殊関連専門科目」として「特殊講義」を設置します。
    (2) 英語学の領域では、学生が言語のメカニズムについて理論的、実証的な解明ができるように、「英語学関連科目」として「英語学特論」、「英語学演習」、および「特殊関連専門科目」として「特殊講義」を設置します。
    (3) 英語教育の領域では、学生が英語教育の理論と英語学修の実践的研究ができるように、「英語教育関連科目」として「英語教育特論」、「英語教育演習」、および「特殊関連専門科目」として「特殊講義」を設置します。
    (4) 通訳学の領域では、学生が通訳に必要な専門知識と高度な通訳技術を身につけることができるように、「通訳関連科目」として「通訳特論」、「通訳演習」、および「特殊関連専門科目」として「特殊講義」を設置します。
  2. 教育方法
    (5) 各専門教育科目において、講義と演習の両方式により教育します。また、テーマの選択、先行研究の批判的分析、提案・実証の提示といった、研究指導を行います。
  3. 評価
    (6) 本専攻では、学生がディプロマ・ポリシーに掲げられた資質・能力及びこれらを総合的に活用する力を確実に身につけられたかを、個々の教員が適正に評価します。
TOP of PAGE

文学研究科 博士課程前期課程 社会学専攻 カリキュラム・ポリシー

文学研究科博士課程前期課程社会学専攻では、国際社会学、情報社会学、福祉社会学の各専門領域の基盤となる「基礎科目」、3つの「専門領域に関連する科目」、社会調査の「資格に関連する科目」を設置し、各領域で不可欠な専門教育科目を体系的に配置します。

教育内容、教育方法、評価について以下のように定めます。

  1. 教育内容
    (1) 国際社会学、情報社会学、福祉社会学の各専門領域の基盤となる「基礎科目」として、「社会学概論(1)」「社会学概論(2)」を設置します。
    (2) 国際社会学の領域では、学生が国際社会の動向・課題について理論的、実証的な解明ができるように、「国際社会論関連科目」として「国際社会論特殊講義T、U、V、W、X」および「国際社会論演習U、V、W、X」を設置します。
    (3) 情報社会学の領域では、学生が情報社会の動向・課題について理論的、実証的な解明ができるように、「情報社会論関連科目」として「情報社会論特殊講義T、U、V、W、X」および「情報社会論演習T、U、V、W、X」を設置します。
    (4) 福祉社会学の領域では、学生が福祉社会の動向・課題について理論的、実証的な解明ができるように、「福祉社会論関連科目」として「福祉社会論特殊講義T、U、V、W、X」および「福祉社会論演習T、U、V、W、X」を設置します。
    (5) 国際社会学、情報社会学、福祉社会学の各専門領域において、社会調査の技法および高度な表現力を総合的に活用するための社会調査士の「資格関連科目」として、「社会調査演習」および「国際社会論演習T(調査企画・設計に関する演習、質的調査演習)」を設置します。
  2. 教育方法
    (5) 国際社会学、情報社会学、福祉社会学の各専門教育科目において、講義と演習の両方式により教育します。また、テーマの選択、先行研究の批判的分析、提案・実証の提示といった、研究指導を行います。
  3. 評価
    (6) 本専攻では、学生がディプロマ・ポリシーに掲げられた資質・能力及びこれらを総合的に活用する力を確実に身につけられたかを、個々の教員が適正に評価します。
TOP of PAGE

文学研究科 博士課程後期課程 国文学専攻 カリキュラム・ポリシー

文学研究科博士課程後期課程国文学専攻では、3つの専門領域に分けて、各領域で不可欠な専門教育科目を体系的に配置します。

教育内容、教育方法、評価について以下のように定めます。

  1. 教育内容
    (1) 古典文学研究の領域において、学生が広範かつ深い専門的知識を持って独創的な研究を進めることができるように、「古典文学特殊講義」「古典文学演習」を設置します。
    (2) 近現代文学研究の領域において、学生が学術的に有意義で独創性的な学位論文を作成することができるように、「近現代文学特殊講義」「近現代文学演習」を設置します。
    (3) 国語学・日本語教育研究の領域において、学生が学術的に有意義で独創性的な学位論文を作成することができるように、「国語学特殊講義」「日本語教育特殊講義」「国語学・日本語教育演習」を設置します。
  2. 教育方法
    (4) 各専門教育科目において、講義と演習の両方式により教育します。
    (5) 学生が研究成果を効果的、説得的に表明することができるように、学位論文の作成や学会発表論文作成の過程で、主指導教員及び副指導教員を置き、指導を行います。
  3. 評価
    (6) 本専攻では、学生がディプロマ・ポリシーに掲げられた資質・能力及びこれらを総合的に活用する力を確実に身につけられたかを、個々の教員が適正に評価します。
TOP of PAGE

文学研究科 博士課程後期課程 英文学専攻 カリキュラム・ポリシー

文学研究科博士課程後期課程英文学専攻では、専門領域を英米文学、言語学の2つに分け、各領域で不可欠な専門教育科目を体系的に配置します。

教育内容、教育方法、評価について以下のように定めます。

  1. 教育内容
    (1) 英米文学または言語学の領域において、学生が広範かつ深い専門的知識を持って独創的な研究を進めることができるように、「英文学特殊講義」、「言語学特殊講義」を設置します。
    (2) 英米文学または言語学の領域において、学生が学術的に有意義で独創的な学位論文を作成することができるように、「英文学演習」、「言語学演習」を設置します。
  2. 教育方法
    (3) 各専門教育科目において、講義と演習の両方式により教育します。
    (4) 学生が研究成果を効果的、説得的に表明することができるように、学位論文の作成や学会発表論文作成の過程で、主指導教員および副指導教員による指導を行います。
  3. 評価
    (5) 本専攻では、学生がディプロマ・ポリシーに掲げられた資質・能力及びこれらを総合的に活用する力を確実に身につけられたかを、個々の教員が適正に評価します。
TOP of PAGE

文学研究科 博士課程後期課程 社会学専攻 カリキュラム・ポリシー

文学研究科博士課程後期課程社会学専攻では、現代社会学において不可欠な専門教育科目を体系的に配置します。

教育内容、教育方法、評価について以下のように定めます。

  1. 教育内容
    (1) 現代社会学の領域において、学生が広範かつ深い専門的知識を持って独創的な研究を進めることができるように、「現代社会論特殊講義」を設置します。
    (2) 現代社会学の領域において、学生が学術的に有意義で独創性的な学位論文を作成することができるように、「現代社会論演習」を設置します。
  2. 教育方法
    (3) 専門教育科目において、講義と演習の両方式により教育します。
    (4) 学生が研究成果を効果的、説得的に表明することができるように、学位論文の作成や学会発表論文作成の過程で、主指導教員及び副指導教員を置き、指導を行います。
  3. 評価
    (5) 本専攻では、学生がディプロマ・ポリシーに掲げられた資質・能力及びこれらを総合的に活用する力を確実に身につけられたかを、個々の教員が適正に評価します。
TOP of PAGE