HOME > 大学概要 > 3つのポリシー > アドミッションポリシー > 人間生活学研究科
INFORMATION

人間生活学研究科

人間生活学研究科 博士課程前期課程 消費者科学専攻 アドミッション・ポリシー

人間生活学研究科博士課程前期課程消費者科学専攻では、環境との相互作用の中で、生活の価値の実現と生活の質の向上をめざしつつ、人間生活を物質的、精神的、社会的に充実発展させるための研究、実践を担いうる、高度職業専門人及び教育研究者をめざす学生を求めています。
消費者をめぐる諸問題を理論的に解明するとともに、課題を解決し、消費者関連の立法、行政、産業界に消費者の立場から科学的に提言、対処できる人材をめざす学生を求めています。そのため入学者に対してはカリキュラム・ポリシーに定める教育を受けるために必要な次の学力の要素を備えていることを期待しています。

  1. 知識・技能
    (1) 本専攻のカリキュラム・ポリシーに明記された教育課程を修めるために、十分な学力を備えている人材を求めています。
  2. 思考力・判断力・表現力
    (2) 自ら取り組む課題の本質を理解し、その研究過程において合理的かつ生産的な判断を行い、その成果を発信することができる人材を求めています。
  3. 主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
    (3) 能動的に課題に取り組むとともに、社会の中で専門性を実現できる能力を有している人材を求めています。
TOP of PAGE

人間生活学研究科 博士課程前期課程 人間発達学専攻 アドミッション・ポリシー

人間生活学研究科博士課程前期課程人間発達学専攻では、環境との相互作用の中で、生活の価値の実現と生活の質の向上をめざしつつ、人間生活を物質的、精神的、社会的に充実発展させるための研究、実践を担いうる、高度職業専門人及び教育研究者をめざす学生を求めています。
人の一生に訪れるさまざまな問題を、発達学を基礎とした視点からとらえ、発達と教育、発達環境、臨床心理学などの研究と実践を行う人材をめざす学生を求めています。そのため入学者に対してはカリキュラム・ポリシーに定める教育を受けるために必要な次の学力の要素を備えていることを期待しています。

  1. 知識・技能
    (1) 本専攻のカリキュラム・ポリシーに明記された教育課程を修めるために、十分な学力を備えている人材を求めています。
  2. 思考力・判断力・表現力
    (2) 自ら取り組む課題の本質を理解し、その研究過程において合理的かつ生産的な判断を行い、その成果を発信することができる人材を求めています。
  3. 主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
    (3) 能動的に課題に取り組むとともに、社会の中で専門性を実現できる能力を有している人材を求めています。
TOP of PAGE

人間生活学研究科 博士課程後期課程 人間生活学専攻 アドミッション・ポリシー

人間生活学研究科博士課程後期課程人間生活学専攻では、環境との相互作用の中で、生活の価値の実現と生活の質の向上をめざしつつ、人間生活を物質的、精神的、社会的に充実発展させるための研究、実践を担いうる、高度職業専門人及び教育研究者をめざす学生を求めています。
消費者科学専攻および人間発達学専攻の各領域を統合し、人間生活の諸問題についてさらに総合的、学際的に研究、教育を深め、わが国のみならず国際社会において、研究者ならびに高度職業専門人として活躍できる人材をめざす学生を求めています。そのため入学者に対してはカリキュラム・ポリシーに定める教育を受けるために必要な次の学力の要素を備えていることを期待しています。

  1. 知識・技能
    (1) 本専攻のカリキュラム・ポリシーに明記された教育課程を修めるために、十分な学力を備えている人材を求めています。
  2. 思考力・判断力・表現力
    (2) 自ら取り組む課題の本質を理解し、その研究過程において合理的かつ生産的な判断を行い、その成果を発信することができる人材を求めています。
  3. 主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
    (3) 独自性を持って能動的に課題に取り組むとともに、社会の中で専門性を実現できる能力を有している人材を求めています。
TOP of PAGE