HOME > 最新情報一覧 > 国際情報学科 佐藤奈穂ゼミと国際支援団体「NATURAL VALUE」が共同プロジェクトを立ち上げました!
INFORMATION

国際情報学科 佐藤奈穂ゼミと国際支援団体「NATURAL VALUE」が共同プロジェクトを立ち上げました!

 国際情報学科 佐藤奈穂ゼミと国際支援団体「NATURAL VALUE」が共同プロジェクトを立ち上げました。この共同プロジェクトにより生まれたのがアクセサリーブランド「DIAGIRL」!11月7日(土)・8日(日)大阪万博記念公園で開催されたロハス・フェスタにて第一段の販売が行われました。

 

〜プロジェクトのテーマは「“カワイイ”で私が変わる、世界を変える」〜

▲アクセサリー制作の様子
▲アクセサリー制作の様子

 国際支援団体「NATURAL VALUE」は“人が幸せに生きるために必要な当たり前の幸せの価値観を共に想像すること”を基本理念とし、職業訓練を通し貧困からの脱却を目指す自立型支援を行っています。
 本プロジェクトでは、ゼミ生がアクセサリーをデザイン、カンボジア貧困区の女性がそれを制作し、そのアクセサリーを日本で販売。売り上げをカンボジアの女性たちに還元することで、カンボジア女性の自立を支援していきます。

▲完成したピアス
▲完成したピアス
 プロジェクトリーダーの中富紗穂さんは「一からデザインを考え、ブランド名からコンセプト、パッケージデザインなど、商品開発のすべてに関われたことは、普段の学生生活では経験することのない貴重な体験だった。納得いくまで“カワイイ”を突き詰める作業は、時間と気持ちとの戦いだった。
 しかし、デザインしたピアスやパッケージが手元に届いたとき、“カワイイ!”と手に取ってくれる女のコたちの笑顔を見たときはなにより幸せな瞬間で、今までの苦労も吹き飛ばしてくれた」と振り返り「このプロジェクトは、カンボジアの方や企業の方など、多くの方を巻き込んでのプロジェクトになりつつある。常に『この活動の未来は自分たちにかかっている』という責任感をもって取り組んでいきたい」と今後の抱負を語ってくれました。

 大きな一歩を踏み出した「DIAGIRL」。彼女たちの今後の活躍にご期待ください!
▲ロハス・フェスタにて
▲ロハス・フェスタにて