HOME > 最新情報一覧 > 「ラジオ沖縄」にて本学学生が生放送に挑戦しました!
INFORMATION

「ラジオ沖縄」にて本学学生が生放送に挑戦しました!

  9月12日(土)「ラジオ沖縄」にて本学学生が生放送に挑戦しました!今回の放送は国際情報学科の磯野ゼミに所属する3年生11人が授業の一環として実施。約半年の時間をかけて準備を進め、同局「チャレンジラジオ」の番組内で、名古屋の観光地やご当地グルメ、名古屋と沖縄の共通点などを紹介しました。連動企画として、翌13日(日)には、おもろまちにあるカフェの店内で名古屋をPRするイベントを開催。手作りのガイドブックを使い、女子大生オススメの観光スポットを紹介しました。
  また、これらの活動を踏まえ、9月19日(土)に開催された情報文化学会中部支部研究発表会では、「沖縄のメディアにおけるローカル・アイデンティティの確立-ラジオ沖縄の地域密着放送の役割と意義-」と題して発表を行い、実際に現地での番組制作を通じて明らかになった、沖縄における地域メディアとしての意義と役割について、同局が放送活動を通じてローカル・アイデンティティの確立に努めている事を紹介しました。
▲イベントの様子
▲イベントの様子
  ゼミ長の田中美有さんは「ゼロの状態から何かを生み出す難しさと同時に、そのやりがいを感じた。また、今回の放送とイベントは多くの方々の温かいご支援の下、成立した。その方々への感謝の気持ちを忘れることなく、新たな目標に向かって進んでいきたい」と振り返り、「本番までの半年間、投げ出したくなる時が何度もあった。しかし、諦めずにやり遂げたからこそ「やればできる!」という自信に繋がった。今回の経験を活かして、失敗を恐れず、沢山のことにチャレンジしていきたい。将来についてもう一度、自分と向き合い、自分にとってベストな答えを見つけたいと思う」と今後の抱負を語ってくれました。今回の活動を通して、新たな視点で自分と社会とをみつめる良い学びの機会となりました。