HOME > 最新情報一覧 > 「第26回 伊藤園お〜いお茶 新俳句大賞」に本学留学生の作品が入選しました。
INFORMATION

「第26回 伊藤園お〜いお茶 新俳句大賞」に本学留学生の作品が入選しました。

 この度、フランスからの交換留学生2名の作品が「第26回 伊藤園お〜いお茶 新俳句大賞」に入選しました。

フジキ・リラさん
(作品)そよ風で さくらの踊り 美女に会う

ソス・アビゲルさん
(作品)雪とけて 白い狼 立っている

▲賞状をいただきました(左:フジキさん 右:ソスさん)
▲賞状をいただきました(左:フジキさん 右:ソスさん)
 『お〜いお茶 新俳句大賞』は、1989(平成元)年にスタート。1989年が松尾芭蕉の「奥の細道」紀行300周年にあたるということ、その前年に歌人・俵万智さんの「サラダ記念日」が260万部も売れるなど、伝統的な短詩形文芸の世界への関心が高まりつつあったことが背景にあります。
 今回の作品作りは、留学生が受講する日本語授業における取組の1つとして行われました。留学生たちは、17文字(5・7・5)で思いを表現することに苦戦しながらも見事に作品を作り上げ、「俳句特有の言葉を使うため言葉の選び方が難しかった。これからも伝統的な日本の文化について積極的に学んで行きたい」と語ってくれました。
 今回の俳句作りは、留学生にとって日本の伝統文化を学ぶ貴重な機会となりました。