HOME > 最新情報一覧 > シンポジウム「自分らしいライフスタイルを〜キャリアと出産〜」を開催しました。
INFORMATION

シンポジウム「自分らしいライフスタイルを〜キャリアと出産〜」を開催しました。

 6月17日(火)、アニー・ランドルフ記念講堂にて「自分らしいライフスタイルを〜キャリアと出産〜」と題してシンポジウムを開催しました。
▲掃部まゆさん
▲掃部まゆさん
 女性の仕事や出産、育児などをテーマに、基調講演やパネルディスカッションが行われ、在学生や卒業生など400名が参加しました。
 母親向け支援コミュニティーを主宰し、自身も三児の母である掃部まゆさんは「妊娠・出産・育児には答えが無いことや想定外なことがつきもの」とした上で「それを乗り越えることで自分が広がる」とエールを送り、タレントで二歳の息子を持つ藤本美貴さんは「女性が働きながらでも無理なく出産・育児をするためには、周りの人に頼ることが大切。悩みを打ち明けられる仲間や相談できる相手の存在が大きい」と実体験をもとに語りました。
▲山下先生(写真左)と藤本美貴さん(写真中央)
▲山下先生(写真左)と藤本美貴さん(写真中央)
 また、産婦人科医で、医療法人葵鐘会の理事長である山下守先生は「産前で大切なことは、少しでも不安を解消しておくこと。事前に心構えを持ってほしい」とアドバイスしました。
 パネルディスカッションの後、質疑応答が行われ、産前の過ごし方や、気を付けておくべきことについて参加者から多くの質問が寄せられました。

 今回のシンポジウムを通して、学生たちがキャリアと出産・育児の両立などについて考える良いきっかけとなりました。