HOME > ニュース 一覧 > 広告研究会が中日新聞ドラゴンズショップと連携してPR活動を実施しました。
INFORMATION

広告研究会が中日新聞ドラゴンズショップと連携してPR活動を実施しました。

ドラゴンズショップコーナー
ドラゴンズショップコーナー
金城学院大学広告研究会が中日新聞ドラゴンズショップさまより、かねてより広告研究会とつながりのあるアピタ新守山店草叢BOOKSさま内に、2018年10月1日よりコーナーを開設するにあたって、若い世代視点からの告知・販促用のポスター、バナー、POPなどを依頼され制作しました。
グッズ類
グッズ類
中日新聞社広告局営業推進部 丹羽宏行さまより「草叢BOOKSでの販売が好調です!ステーショナリーが人気で、商品によっては追加発注が来ているところです。ドラゴンズファンではないけど、ドアラがかわいいから買ってみるという方が多いようです。手に取っていただくためには、注目を集めることが必要で、皆さんに考えていただいたPOP、ポスター、バナーが効果的だったと言えます。本当にありがとうございます。」とのメッセージをいただきました。
手書きPOP
手書きPOP
広告研究会ドラゴンズプロジェクトリーダーの国際情報学部メディアスタディーズコース3年 野田舞衣さんは「広研はこれまで中日ドラゴンズさまと女性ファン拡大のための『ドラ嬢』普及活動をしてきましたが、今回はまた違った形でドラゴンズを応援できたのではと思っています。私たちが作ったポスターやバナー、手書きPOPを見て買ってくれたお客さまもいるということで、とてもうれしいです」と語ってくれました。




広告研究会はこれからも中日ドラゴンズを応援するイベント、キャンペーンを続けていくとのことです。
ポスター1
ポスター1
ポスター2
ポスター2
ポスター3
ポスター3