HOME > ニュース 一覧 > 「第15回 ザ・地産地消 家の光料理コンテスト」で、食環境栄養学科3年生がスイーツ部門で優秀賞を獲得しました。
INFORMATION

「第15回 ザ・地産地消 家の光料理コンテスト」で、食環境栄養学科3年生がスイーツ部門で優秀賞を獲得しました。

地域内自給率の向上、地産地消料理の開発と普及を目的に、家の光協会とJA全国女性組織協議会が主催する「第15回 ザ・地産地消 家の光料理コンテスト」にて、「ごはんを使った丼」、「スイーツ」の2部門の募集があり、全国から667点の応募の中、食環境栄養学科3年のM田真理子さん、野村奈美さんの「ラディッシュケーキ」が、スイーツ部門の優秀賞に選ばれました。

書類選考を通過した後、9月に東京で行われた第2次審査会で実際に調理、PRをし、表彰式に参加しました。

優秀賞に選ばれた2人は、「この作品は、愛知県が全国1位の出荷量であるラディッシュを花びらに見立て、美しい華をイメージしたケーキです。レシピは、誰でも簡単に作れ、野菜嫌いの方でも食べやすいように考えました。」「審査会では、全国から集まった方々と料理を通して交流する事ができ、とても貴重な体験になりました。これからも食をきっかけに様々な人たちと関わっていきたいです。」と話してくれました。

雑誌「家の光」1月号および、以下HPに掲載されています。
http://www.ienohikari.net/bunka/contest/winner/post_9.html