HOME > 最新情報一覧 > 東谷山フルーツパークのレストハウスにて、食環境栄養学科との季節限定のコラボメニューを販売しています。
INFORMATION

東谷山フルーツパークのレストハウスにて、食環境栄養学科との季節限定のコラボメニューを販売しています。

東谷山フルーツパークのレストハウスでは、食環境栄養学科とのコラボメニューとして季節の果物を使用したシーズナルメニューを販売しています。
11月のメニューは、園内産リンゴを使用したりんごおろしのトマチキソテー。サラダには、園内産の梨を使用しています。
メニュー開発したのは、食環境栄養学科3年生。調理学を専門とする清水彩子ゼミと給食経営管理を研究する丸山智美ゼミの共同での開発です。
「秋の果物を定食で楽しめる献立」をコンセプトに、果物を2品以上使用すること、定食としての食塩相当等量を抑えるためにビネガー使用やトマトの酸味の活用などを工夫しました。
食環境栄養学科の管理栄養士養成課程の特長のひとつに、1、2年生のうちに調理や調理機器を加味した献立作成技術をしっかりと身に付けることがあります。
食べる喜びを伝える力をもった管理栄養士をめざしている学生たちの今後に、ご期待ください。