HOME > 最新情報一覧 > 環境デザイン学科学生の作品が、「第24回美濃和紙あかりアート展」にて入賞・入選しました!
INFORMATION

環境デザイン学科学生の作品が、「第24回美濃和紙あかりアート展」にて入賞・入選しました!

10月7日(土)・8日(日)に開催された「第24回美濃和紙あかりアート展」に、本学環境デザイン学科3年の学生(弓立順子ゼミ)が出品しました。

全国から321点の応募作品の中、「ライトアップ賞」に2点が選ばれ、「入選」に1点が選ばれました。

<入賞・入選結果>

■ライトアップ賞(古川秀昭賞)
・作品名「薄明光線」
・メンバー
 野呂美咲さん、安江亜姫奈さん、山本実穂さん
・メンバーからの一言
 雲の切れ目から差し込む光をイメージしました。内側から出る光に変化を持たせるため、和紙の重なりを調整し光の濃淡をつくりました。
■ライトアップ賞(柏原エリナ賞)
・作品名「開」
・メンバー
 赤尾妃美さん、今村咲希乃さん、大澤香奈さん、溝口芳奈さん
・メンバーからの一言
 葉と実をモチーフに使い風にたなびく様子を表現しました。思いもよらない結果でとても嬉しかったです。
■入選
・作品名「鱗片」
・メンバー
 川瀬史織さん、国松佑吏さん、関谷真琴さん
・メンバーからの一言
 2匹の鯉が水面に落ちる様子を表現しました。会場で多くの方が作品を見てくれて、とても嬉しかったです。
<美濃和紙あかりアート展>
1300年の歴史を誇る伝統産業「美濃和紙」の再生と、後に重要伝統的建造物群保存地区に指定される「うだつの上がる町並み」の活性化・ブランド化を目的とし、1994年に美濃市観光協会の美濃市制40周年記念事業としてスタート。
美濃和紙を使用したあかりのオブジェを一般・小中学生の両部門で全国公募し「うだつの上がる町並み」に2日間にわたり屋外展示し、審査を行うアート展です。