HOME > 最新情報一覧 > 食環境栄養学科3年生が株式会社魚国総本社の社員食堂でメニューを提供しました。
INFORMATION

食環境栄養学科3年生が株式会社魚国総本社の社員食堂でメニューを提供しました。

コントラクトフードサービスの総合企業として多くの事業所や学校で選ばれている株式会社魚国総本社が、企業従来の発想でなく管理栄養士養成課程の学生の知識と発想を求めて、学生考案のレシピを社内食堂で提供し、社員投票によるコンテストを実施しました。


このレシピコンテストに食環境栄養学科の3年生が参加。まず初めに学生たちは社員食堂利用者の食事調査を実施。その結果を日本人の食事摂取基準を活用して評価し、献立に反映しました。

応募した3年生の中から伊藤実柚さん、島田今日香さん、社本真依さん、山内彩矢佳さん、古田佐和さん、のレシピが採用。
2017年3月13日(月)から17日(金)まで彼女たちの献立が提供され、社員による事業所用献立としての採用の可否を決める投票が行われました。
コンテストの結果は4月3日(月)に発表され、その後、事業所用献立として採用される予定です。

食を通じて健康を守ることは、管理栄養士の重要な仕事です。
今回のコンテストを通じて、実際に食堂で給食を喫食する人たちの栄養アセスメントを行い、それを献立に反映させる学びを実践的に深めることができました。

実践的な取り組みを通じて管理栄養士のプロフェッショナリズムを身に付ける、金城学院大学の管理栄養士の卵たちにご期待ください。