HOME > メディア掲載 一覧 > 国際情報学部 基礎ゼミの学生が、三重テレビに番組出演しました。
INFORMATION

国際情報学部 基礎ゼミの学生が、三重テレビに番組出演しました。

3月28日(木)国際情報学部の学生(3年 佐々木彩乃さん、清田りなさん、中島凛香さん)が、三重県津市の三重テレビ放送で平日夕方に放送中の情報番組「とってもワクドキ!」に出演し、地元の珍しい野菜「マコモダケ」をリポートしました。

「マコモダケ」はそもそも神社などに飾られる〆縄の材料として栽培されていますが、根っこの部分に栄養や旨味があり、最近注目されている菰野町の特産品です。学生たちはこの「マコモダケ」の情報を探し、栽培している人を訪ねてリポートしました。

出演した清田りなさんは「将来はアナウンサーを目指している。今回は視聴者に伝わりやすいテンポと声の高さを意識してリポートした」。また、カメラ担当の中島凛香さんは「マコモだけの葉が予想以上に大きく、カメラに収めるのに苦労した」と語り、編集を担当した佐々木彩乃さんは「三重県といえば海産物が有名だが、陸産物の美味しさも知って欲しかった。これをきっかけに多くの人に食べてもらえるきっかけになれば」とそれぞれの感想を話してくれました。

この番組に本学の学生が出演したのは今回で3回目。また、13年間続いた番組は3月29日で放送が終了し、4月から新しい番組「Mieライブ」としてリニューアルします。機会があれば、新たな三重の特産品を探して番組で取り上げて欲しいと学生たちは意気込んでいます。