HOME > 大学院・研究科 > 英文学専攻 前期課程・後期課程
INFORMATION

文学研究科 博士課程英文学専攻 前期課程・後期課程

本専攻では、英米の言語、文化、文学及び英語教育、通訳業務に強い関心があり、研究を継続することを希望する学生を幅広く募ります。

学習内容

前期課程

前期課程では、充実したスタッフによって、英文学、米文学、英語学、英語教育、通訳学の特論、演習が開講されています。
英文学では、エリザベス朝の劇、ロマン派の詩、イギリスの小説など各時代とジャンルにわたり充実した教育と研究を行っています。米文学でも詩、小説、評論の分野にわたり幅広い研究が行われています。
英語学では、生成文法理論を中心に、音韻論、形態論、統語論、意味論など言語の主要な側面についての研究や言語獲得の研究も熱心に行われています。
英語教育では、英語教育の理論とともに中学・高校のライティング活動や学習ストラテジーなどについて実践的研究を行います。通訳学では、通訳に求められる専門知識の習得と高度な通訳技術の訓練を中心とします。
これまでの修士論文(英語)は、英文学ではシェイクスピアの劇、ディケンズの小説からミルンのエッセイまで、米文学ではホーソーンやトニ・モリスンの小説からキング牧師の思想まで多種多様です。英語学では「英語と日本語のwh疑問文の獲得」「英語の句動詞の意味的・統語的特性」「日本語の軽動詞構文」など、言語理論の諸側面から言語獲得研究まで広範囲にわたっています。

後期課程

後期課程では、それまでに培われた幅広い文学的あるいは言語学的教養を、高次元の研究領域に収斂し、学問研究を深化させることを狙いとして、その授業科目を「英文学研究」及び「言語学研究」の二部門に分けています。
「英文学研究」では、詩・劇・小説の分野にわたって、米文学をも含めた伝統的な広義の「英文学」を対象に教育・研究指導を行います。17世紀演劇やロマン派の詩研究における本文批評、テキスト解析、詩法、18世紀・19世紀小説研究における小説作法の観点、20世紀小説・演劇におけるテーマ研究などを通じて、個々の対象作品に対する洞察カを養います。
「言語学研究」においては、それまでに培われた基礎的研究能力をさらに高め、言語の理論的・実証的研究を自律的に追求する能力を養います。研究の方法としては、生成文法理論に基づいた理論的研究や比較統語論的研究(コンパラティブ・シンタックス)、及び実験的研究を取り入れています。これにより、創意をもって言語研究に取り組む能力を養います。さらに、言語に関する精深な専門性を要する職業(英語教育、日本語教育、言語発達遅滞児教育なのに必要な専門知識と研究能力も養います。通訳学では修士論文に相当する特定課題として、通訳活動報告書も提出されています。

修了の要件及び授与される学位

英文学専攻 博士課程 前期課程

2年以上在学し、授業科目につき30単位以上を修得し、修士論文を提出し、かつ最終試験に合格した者には修士の学位が授与されます。

英文学専攻 博士課程 後期課程

3年以上在学し、授業科目につき16単位以上を修得し、博士論文を提出し、かつ最終試験に合格した者には博士の学位が授与されます。(在学期間については短縮の特例があります。)

取得できる資格

  • 高等学校教諭専修免許状(英語) 
  • 中学校教諭専修免許状(英語) 
  • ※教諭専修免許状の取得は、すでに中学校・高等学校教諭1種免許状を取得している者に限ります。

専任教員

教員名をクリックすると詳細をご覧いただけます。


河原 清志 教授 楚輪 松人 教授 高野 祐二 教授
田村 章 教授 馬場 今日子 准教授 水野 真木子 教授
森田 順也 教授