HOME > 幼稚園からのお知らせ > 恵み感じる秋!

恵み感じる秋!

 春先に年長さんの手によって植えられた、サツマイモの苗。「幼稚園の皆の分を植えたんだよ」と、年長さんだけでおこなったいも苗植えに、自分が大きくなったことや皆の為に行うことへの誇らしさを滲ませていました。
 年長さんが植えてくれた苗は、夏の日差しを目いっぱい浴びて、台風や長雨にも負けずに育ち、収穫の秋を迎えました。

 今年のいもほりは、10月24日。台風の過ぎ去った次の日でした。芋畑まで歩く道々、空気の冷たさからも秋の深まりを感じました。
 今年のサツマイモは、地中深くにできていたので掘るのが大変! 手で直接土を掘る感触を楽しみながら、深くまで掘っていきました。やっとのことで掘りあがると……、「掘れたー!」「採れたー!!」と子どもたちの嬉しそうな声が響きました。
 収穫の喜びと秋の恵みを感じる一日でした。

 

 

 いもほりから一週間……。
 畑で掘ったサツマイモや幼稚園周りに自生しているアケビを前に収穫の恵みをくださった神さまに感謝する礼拝を捧げました。

 

 

 

 当日は朝から子ども達が作った葡萄や柿、ミカン、りんご、栗……などをボードに飾り、礼拝の時を楽しみに待ちました。保護者の方も大勢集まってくださり、一緒に礼拝をする中で、収穫を与え、命を保ってくださる神さまの恵みに感謝し、祈ることもできました。

 

 収穫したサツマイモは後日、やきいもPartyで美味しくいただきました。
 こうした感謝していただく経験を通し、日頃、口にしている食べ物が豊かな恵みであることやその収穫に携わり働く人々の存在に気付く機会にと願っています。また収穫物の色や形や名前などに関心を寄せる時でありたいと思います。