Women's Leadership Initiative・新しい社会を築く女性の「ちから」

リーダーシップって何?

リーダーシップというと、大勢の人々を引っ張っていく特別な能力を思い浮かべるかもしれません。けれども、これからの時代に必要とされるのは「協調型リーダーシップ」。私たち誰もがいろいろな場面や課題に応じていつでも発揮できる能力であり、一人ひとりがあるがままに尊重され、十分に活躍できる社会を気づくための「ちから」となるものです。

自分の能力や長所を自覚したうえで、あるときは仲間と対等な立場で、あるときは誰かを導くように、またあるときは組織を支える一員として、その場と状況にふさわしい働きができる人。それが本学科がめざす新しいリーダー像です。そんな協調型リーダーシップを養うための特別な科目群がWLI A〜Fなのです。

WLI 科目構成

WLI A1年前期・必修学び方の基礎・基本を身につける授業です。
読む、書く、話すスキルと情報リテラシーを中心に学ぶ力を養います。
WLI B1年後期・必修省察から自らの課題を確認し、解決します。
社会で活躍する人物について調べる過程で、自分自身の生き方、学生生活の送り方を考えます。
WLI C2年前期・選択学内の問題を取り上げ、その改善提案をチームで考えることを通じて、チームで学習する能力やリーダーシップを養います。
質問会議を中核にしたアクションラーニングの手法を体験的に学びます。
WLI D2年後期・選択学外から提示された課題について、改善提案を行うことを通じて、チームで学習する能力や問題解決能力、リーダーシップを養います。
WLI E3年前期・選択講演会の企画・開催を通じて、情報発信力、チームで学習する能力をさらに高めます。
WLI F3年後期・選択学生だけで行う活動を通じて、リーダーシップをさらに伸ばします。

これらの学びを通じて協調型リーダーシップの意義を知り、組織の中で自分らしい能力を発揮する方法を身につけながら、一人ひとりが実社会で担うべき役割、果たすべき使命を見つけます。

メディアリリース

本学部の取り組みが教育学術新聞に掲載されました。