国際情報学部

指先ひとつで世界中の情報がキャッチできる現代。政治や経済状況により、劇的な変化を遂げる社会。めまぐるしく進化する現代社会で必要とされるのは、情報活用能力と国際的教養を身につけた人材です。
国際情報学科で身につけられるのは、最も必要な情報を最も適したメディアを使って効果的に発信していく「情報力」と、自分の育った国とは違う文化や価値を知り、それらを尊重しながらコミュニケーションする「国際力」。
これからの社会を生き抜くために不可欠となるこのどちらの力も身につけ、現代社会を自らの力で切り拓いていける女性を育てる学科です。

 

>>グローバルスタディーズコースについてもっと詳しく見る

>>メディアスタディーズコースについてもっと詳しく見る

自由に学べる9分野

所属コースを中心として「国際社会」「国際ビジネス」「マスコミ」「情報技術」「女性リーダーシップ」など、9つの専門分野から、自分の興味・関心に合わせて幅広く学べます。学生の「学びたい!」という意欲に応え、確かな実践力を養成するために、講義形式の授業でしっかりと専門知識を身につけることはもちろん、海外やマスコミ、観光などの現場で学ぶ体験型の授業も豊富に取りそろえています。

6つの実践的なプログラム

各業界と連携した、より専門的で実践的な取り組みで経験を積むことが出来ます。職種によっては資格取得が必須の場合や、資格があることで就職が有利になる場合もあります。本学科では、資格取得のための科目を設け、合格に向けたきめ細かな指導をしています。


【観光プログラム】
世界各国の文化や社会を理解し、観光・旅行業界の現状や旅行プランニングの実践を学びます。ANA総合研究所や名鉄観光サービスといった業界の最先端を知る企業との連携授業も。さらに、旅行業務取扱管理者の資格取得に直結した授業もあります。

【マスコミプログラム】
マスメディアの仕組みを学び、情報の発信者として必要な情報の収集力・編集力・表現力を磨きます。番組制作に取り組み、企画・制作の過程や様様な役割を学ぶ実習もあります。

全員参加の海外研修『KIT』

国際情報学科ならではの“アクティブに学ぶ”全員参加の海外研修です。コースや目的に合わせて、現地の人々との交流、NPOなどが主催するボランティア、関連企業の見学やインターンシップ、ヒアリング調査など、さまざまな研修が用意されています。渡航にそなえて入学直後から研修先の情報を収集し、自国と比較。研修で達成したい目標を立てて行う本格的な海外研修は、新たな視点で自分と社会を見つめ、無限に広がる可能性に気づく機会になるでしょう。KITで得られる経験は、大学での4年間をいかに自分らしく有意義に学んでいくかの指針になります。

 

>>KITについてもっと詳しく見る

リーダーシップを育てる『WLI』

1年次には少人数のゼミで、大学での専門的な学びを始めるための基礎的なスキルを身につけます。日本語を正しく「読む、書く、話す」力や、さまざまな情報を調査し収集する技術、社会的な現象を的確にとらえて分析する方法を自分のものにします。2年〜4年次の「WLI C〜F」では、専門科目で学んだ知識を「社会で通用する実践力」へと進化させるため、フィールドワークやディスカッションなど具体的な活用術を修得します。あなたの「学ぶ力」を準備し、知識を「活かす力」を育てます。

 

>>WLIについてもっと詳しく見る

積極的に授業でICTを活用

大学内ではもちろん、将来どの分野に就職をしたとしてもPCの活用スキルは求められます。国際情報学科では、インターネット環境があれば世界中どこからでも教員とのコミュニケーションや課題の提出、教材のダウンロード、保存などができるラーニングポータルサイトやiPad、ノートパソコンなどを情報系の授業に限らず積極的に活用。これにより高度なICTスキルを身につけます。

充実した実習施設

学内には、デジタルコンテンツを制作するためのスタジオ、編集室、ラジオブースなどがあります。国際情報学部では、最新の充実した設備をフル活用しながら、日々、デジタルコンテンツを企画・制作・発信し続けています。

スタジオは、地方テレビ局と同等の機材を備えており、本格的な番組収録やYouTubeなどでの公開生放送ができます。
編集室(左図)では、近年ハリウッドや日本のテレビ局でも使用されているソフトウェアで本格的な映像編集ができます。ラジオブース(右図)では、ハイレベルなトーク技術や音のミキシング技術を身につけることができます。また、ラジオ番組をインターネットでオンエアする授業もあります。

コミュニケーションの道具としての実用英語を学ぶ『ELC』

国際情報学科では、コミュニケーションの「道具」としての実用英語を楽しみながら学びます。接客に特化した英語、TOEIC対策、e-learning、英語によるプレゼンテーションなど多様な授業があります。英語が好きな人は、英語科目を重点的に履修し、4年間にわたって英語力を伸ばすことが出来ます。

海外キャリアトレーニング

2年生以上の学生を対象とし、春休みに約1カ月間実施する留学プログラム(奨学金制度あり)。多国籍の学生が集まる語学学校にて10人以下の少人数制クラスで英語研修を行ったあと、インターンシップを体験します。英語のスキルを磨くとともに、多文化社会のなかでお互いの能力を引き出せる人材を育成することが目標です。
行き先は米国サンディエゴで、インターンシップ先は旅行会社や出版社、貿易会社などです。


▲pagetop