新着情報

「ゆとりーとライン」グッズ制作

「ゆとりーとライン」をより知ってもらうため名古屋ガイドウェイバス株式会社と協力し、新たな公式グッズのデザイン案を企画。国際情報学部 遠藤潤一ゼミ生が、缶バッジや手ぬぐい、付せん、ブックカバーなど計10案を提案しました。そして、一般市民の投票により、1位の定規と手ぬぐいの2点が製品化されました。

また、定規は、大曽根駅で利用者800人に無料配布されました。(2017.3)

>>中日新聞の記事へ

 

プロモーションビデオコンテストで優秀賞を獲得

三重県菰野町の魅力を国内外に発信し、菰野町への観光誘客を目的とした観光プロモーションビデオのコンテストが開催されました。

このコンテストに国際情報学科メディアスタディーズコースの後藤ゼミが初参戦。菰野町のキャンプ場や観光スポットの現地調査を経て制作・出品し、晴れて最高賞である優秀賞を獲得しました。

受賞した映像は、菰野町ホームページからご覧いただけますので、是非ご覧ください。

<菰野町ホームページ>
http://www2.town.komono.mie.jp/menu4486.html

(2016.12)

 

情報文化学会賞受賞

11月5日、東京大学で開催された第24回情報文化学会で同学部メディアスタディーズコースの4年生・代表:田中美有が学会賞を受賞し表彰されました。
研究は「被災地復興支援地域メディアに関する情報文化学による研究」です。当日は合わせて、今年の研究成果についての発表を行い参加した研究者から高い評価を得ました。

(2016.11)

 

金城祭で「招き猫金平糖」&「セントレアのほし」を販売

学園祭で、金城セントレアサポーターズが「招き猫金平糖」と「セントレアのほし」を販売しました!店舗のデザインから呼び込みの看板まですべて手作りで頑張りました。朝からフーが遊びにきて、会場は大盛りあがり。若い人から卒業生の方まで色んな人にお立ち寄りいただき、14時すぎに見事「完売」することができました!

ご来場いただきました皆様、ありがとうございました!


 

(2016.11)

金城セントレアサポーターズ活動の様子はこちらからご覧頂けます。

三重県菰野町ビデオコンテスト

三重県菰野町は昨年より、若者の視点で町の観光資源をPRすべく映像コンテストを開催しています。今年は国際情報学科メディアスタディーズコースの後藤ゼミが初参戦!6月11日(土)、コンテストに参加する5大学の教員と学生が作品制作を前に菰野町のキャンプ場や観光スポットの現地調査を実施しました。 

9月にはロケも行い、現在編集中。

学生の若い視点により、菰野町の観光資源がどのようにPRされるのか、皆さまどうぞご期待ください!

(2016.11)

後藤ゼミの活動の様子はこちらからご覧頂けます。

「DIAGIRL」が2016年の新作アクセサリーの販売を開始しました

国際情報学科 佐藤奈穂ゼミが昨年立ち上げたアクセサリーブランド「DIAGIRL」が2016年の新作アクセサリーの販売を開始しました!

DIAGIRLは「“カワイイ”で私がかわる、世界をかえる。」をコンセプトに、カンボジアの女性と日本の大学生が手を取り合い、お互い成長することを目標にしているアクセサリーブランドです。

DIAGIRLのアクセサリーは、女子大生がデザインして、カンボジアの貧しい村の女性が作っています。販売収益はアクセサリーを作っているカンボジアの女性たちに渡されます。

今年9月にゼミ生がカンボジアへ渡航し、カンボジア農村の女性たち8名とアクセサリーの製作を行いました。

アクセサリーの購入は、佐藤奈穂ゼミの学生に声を掛けていただくか、販売サイトからもお求めいただけます。(2016.10)

「DIAGIRL」サイト
http://shinaidiagirl.wixsite.com/diagirl-2015

販売サイト
https://diagirl2015.kawaiishop.jp/

 

豊田市観光協会と連携して、モニターツアーを実施します!

国際情報学部の大橋ゼミでは、豊田市観光協会と連携し、豊田市の魅力を伝えるため、名古屋駅発着のバスツアーを企画しています。

第3弾となる今回は、2016年11月12日(土)に実施します。
「とよたび:腸活ツアー、豊田市の自然環境で腸内環境を整える」と題し、豊田の味噌蔵見学、豊田産の味噌と食材を使った腸活料理セミナー、体内バランスを整えるヨガを体験して頂きます。

詳しくは学生が作成した、以下ホームページをご覧下さい。(2016.10)

http://ohashizemi16.wixsite.com/toyotabi

「KIT報告会」を開催

KIT(海外研修)の報告会が6月4日に開催されました。全てのプログラムが発表を行い、各々が研修を通じて、感じたこと、学んだこと、今後深めたいことを、熱く語りました。報告は、パワーポイントやショートムービーを使い、とても分かりやすく、聞いているだけでも体験者の充実した日々がよく伝わるものでした。出席した1年生(全員)にとっても大きな刺激になったことでしょう。

2015年度に実施した海外研修プログラムの詳細はこちらからご覧頂けます。

 

(2016.6)

 

「名古屋鉄道」をテーマに学生が制作したポスターが、掲出されています

国際情報学部メディアスタディーズコースで開講している授業「広告コピー制作」において、金城生が日ごろからお世話になっている名鉄をテーマにしたポスターを制作しました。

 企画、コピー、デザイン、イラスト、撮影などすべて、学生自ら行いました。株式会社電通名鉄コミュニケーションズからお招きしているゲスト講師にご協力いただき、総数60余点の中から優秀作品を選定。この度、名古屋鉄道株式会社のご厚意で、優秀作品6点が掲出されることとなりました!
金城学院大学にとって名鉄は切っても切り離せない存在。普段から慣れ親しんでいる学生の名鉄への思い、ぜひこの機会にご覧ください。

【掲出期間・場所】 
5月9日(月)〜6月8日(水)

【掲出場所】
栄町駅、大曽根駅、大森・金城学院前駅

(2016.5)

金城学院大学×中部国際空港株式会社「産学連携に関する包括協定」を締結しました

5月6日(金)金城学院大学と中部国際空港株式会社は、マーケティング、販促・広告活動など、様々な領域において、双方が協働して取り組んでいくことにより、地域社会の発展や国際交流に貢献し、合わせて相互の構成員の資質向上を目的に、「産学連携に関する包括協定」を締結しました。

 

2015年度後期に金城学院大学国際情報学部:庫元教授の担当する2年生ゼミ「国際情報演習(2)」において、中部国際空港株式会社から講師を派遣いただき、学生の指導を行っていただきました。本ゼミではマーケティングや広告キャンペーンの企画とプレゼンテーションを専攻しており、中部国際空港が抱える企業課題に対して、学生の視点で課題解決に向けた企画をプレゼン。その取り組みを高く評価いただいたことがきっかけとなり、今回の包括協定を締結する運びとなりました。

本締結の目玉は何と言っても「金城セントレアサポーターズ」の発足です。マーケティング、販促・広告活動及びオリジナル商品の開発等に関して、学生が企画提案し協働して実施することにより、特に若い世代に対するセントレアの利用促進を目指します。その後、語学を学ぶ学生による旅行客への通訳ボランティア活動、旅行業界を目指す学生の能力を伸ばす活動、日本の魅力発信など包括的な連携(サークル活動の披露等)など、幅広く展開していきます。(2016.5)

>>詳しくはこちら

佐藤奈穂ゼミがパナソニックフェアでパネル展示

佐藤奈穂ゼミ3年生および4年生が,4月9・10日に名古屋メッセで開催されたパナソニックフェアでパネル展示および募金活動を行いました!
パネル展示では,ゼミで行っているカンボジア貧困女性支援の活動について紹介しました。(2016.4)

Facebook:Diagirl〜親愛なる,すべての女の子たちへ〜
Instagram :diagirlshinnai
twitter:DIAGIRL2015