情報科教育の研究(2008年度)
火曜1限 W2-101教室

授業の目的およびねらい
・高校 普通教科「情報」を教えることができる授業技術の養成と教育法を学ぶ。
・実践的な課題演習の中で学ぶ形をとり、教育実習に行った際に困らないだけの力を身につける。
授業の概要
テキストにそって、持ち回りで授業を演習しながらすすめる。
毎回の授業の形態は「前半:模擬授業」「後半:批評会」である。
*授業の考え方、設計についての講義を行う場面もある。
*教育実習における指導と同じ形態をとり、指導案の作成から、授業構成、授業の実施、反省までを全員行う。(プレ教育実習と想像してもらうとこの授業のイ メージがつかめる。)
詳しくはシラバスを参照のこと http://kyomu.kinjo-u.ac.jp/

*調整が付けば、金城学院高校の授業参観を行う予定である。
*PCルームの管理も課題の一つとする。

テキスト、関連資料等
●前期は次の2冊をテキストとして使用する。
(1)高等学校学習指導要領解説 情報編 平成12年3月 文部省 開隆堂出版社株式会社発行 ISBN4-304-04075-8 C0037
(2)模擬授業等に使用するテキスト  コンピュータを使わない情報教育アンプラグドコンピュータサイエンス

 後期は前期最後の授業で指定する。 (高校の教科書を使って模擬授業をする予定)

 ●コミュニケーションツール
(1) 意 見交換用掲示板(学内のみ)

(2) 課 題提出用提出用掲示板(パスワード制限)

(3) グループ別掲示板(パスワード制限)

 ●マイクロソフトOfficeと互換性のあるフリーソフト(パワーポイントを持っていない人は自宅のPCにこれをインストールしましょう)
   OpenOffice.org 日本ユーザー会 http: //ja.openoffice.org/

   OpenOffice.org ユーザーのためのMicrosoft Office 互換性研究室 http://www.oooug.jp/compati/index.html

 ●大学から発行されたメールアカウントでメールの読み書きができるページ

Catch Me Mail https://catchme.kinjo-u.ac.jp/cmmail/index.html
 (IEやNetscapeといったブラウザソフトからメールの送受信ができます。)

授業の予定
月日 内容 備考
第1回 4月8日 「情報」の免許資格についての解説
    高校 専門科目「情報」と普通科目「情報」の学習内容の解説
    授業の進め方についての説明
    PCルームの管理も課題とする。

 授業スライド

小学校教 員資格認定試験(平成15年度) http: //www.mext.go.jp/a_menu/shotou/nintei/03051601/003.htm

(教員採用に関する情報)
 ・愛知県教育委員会 http: //www.pref.aichi.jp/kyoiku/
 ・名古屋市教育委員会 http: //www.city.nagoya.jp/50kyoiku/
 ・岐阜県教育委員会 http: //www.pref.gifu.jp/s17765/top/
 ・三重県教育委員会 http: //www.pref.mie.jp/KYOIKU/HP/
 ・静岡県教育委員会 http: //www.pref.shizuoka.jp/kyouiku/
 ・愛知県私学協会 http://www.aichi- shigaku.gr.jp/ 
第2回 4月15日 各社の教科書の比較  
第3回 4月22日
第4回 5月13日
第5回 5月20日
第6回 5月27日
第7回 6月3日
第8回 6月
10日
第9回 6月17日
第10回 6月24日
第11回 7月1日
第12回 7月8日
第13回 7月15日
第14回 7月22日 学習指導案の書き方について
 授業の学習目標マップの作成

後期の模擬授業の計画,授業設計について
後期の授業の時間帯についての相談

(観点別評価に関する資料)
高等学校生徒指導要録に記載する事項等
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/13/04/010425c.htm#1

-評価規準,評価方法等の研究開発(報告)- 平成 16年 3 月 教育課程研究センター 
http://www.nier.go.jp/kaihatsu/kou-sankousiryou/html/index_h.htm

テキストと「付箋紙」を持参のこと
指導案のひな型ファイル

 先輩の指導案サンプル(書き直し3回目の物)

*締め切りは後期の第2階目の授業とします.
*なお,高校の教科書は図書館のカウンターに申し出れば借りることができるようになりました.(7/26確認)
 図書館のページから,書誌番号を調べて,カウ ンターで請求してください.(整理中のため,1階の書棚より出してもらう必要があります)




 図書館の開館日等は 図書館のページで確認してくださ い.
 http://opc.kinjo-u.ac.jp/index.htm


第15回

前期レポートについて
 学習指導要領解説の自分が担当になった分野から,授業題材を一つ選び,学習指導案を書く.(締め切りは7月26日(火)15:30 教務カウンター)

*締め切りは後期の第1回目の授業とします.


後期は、模擬授業と相互評価により進める。また、遠隔授業も企画する。
<後期>
第16回 9月20日  指導案の書き方指導
 模擬授業の分担


 
第17回
9月30日




教師役と生徒役に別れて模擬授業を行う.授業担当者は一週間前までに授業案,授業プリント,授業スライド等を作成し,長谷川に提出すること.また,作成した指導 案等は5部ずつ印刷すること.
<授業の進め方>
1.授業担当者は授業準備(プリントの印刷,プロジェクターの接続等)から後かたづけまですべて行う.
2.授業後,各グループで協議を行い掲示板にコメントを書く.
3.授業者は,次週までに,自分が作成した資料のすべてと授業反省レポートを掲示板に提出する.

指導案の雛形ファイル(ワード形式) ●授業反省レポート(エクセル形式)
第18回 10月7日 作成した指導案を元に解説
第19回 10月14日 模擬授業
第20回 10月18日 模擬授業
第21回 10月21日 模擬授業
第22回 10月28日 模擬授業
第23回 11月4日 模擬授業
11月11日 休講
第24回 11月18日
第25回 11月25日
第26回 12月
2日
第27回 12月9日 遠隔授業

 レポート用紙
 (12月26日18時締め切り:年内に小学校に感想を送るため期限を守ってください)
*またこれまでのレポートで掲示板に出していないものがあったら、掲示板に出しておいてください。
12月16日 休講
第28回 1月13日
第29回 1月20日 教育実習に向けての準備計画

圧縮解凍ソフト +Lhaca
http://park8.wakwak.com/~app/Lhaca/


アウトラインプロセッサ nami2000

教育実習に向けての準備計画

圧縮解凍ソフト +Lhaca
http://park8.wakwak.com/~app/Lhaca/


アウトラインプロセッサ nami2000
教育実習に向けての準備計画

圧縮解凍ソフト +Lhaca
http://park8.wakwak.com/~app/Lhaca/


アウトラインプロセッサ nami2000
第30回 1月27日1限


最終レポートについて
自分が書いた指導案を、教育実習で困らないレベルまで、書き直す。
書けたらすぐに出すこと。(評価はA・B・C・D・Eの5段階とし、C以上を合格とする)
合格レベルの指導案を提出のこと。(当然のことながら、D,Eのレベルの指導案の場合、成績は不可となり、来年度、再挑戦となる)
他に、数回レポートを課す。
*ここに書いたものはあくまでも予定であるため、変更になる可能性が あります。

長 谷川授業用ページに戻る  長谷川研究室のペー ジに戻る


Copyright 2004 Motohiro HASEGAWA 長谷川元洋