金城学院大学大学院 文学研究科

文学研究科[前期課程/後期課程] 社会学専攻

学びのポイント

社会学専攻では、社会学の基礎理論をふまえ、異文化・日本文化について国際的視野から比較研究を行ったり、社会問題への対応策についての研究を行っています。
履修科目は必修科目と選択科目に分かれています。
必修科目には、各学問領域から女性問題に接近する「社会学概論(1)〈現代社会と女性の生き方〉」(オムニバス科目)と、社会的行為や社会関係の理論的考察を行う「社会学概論(2)〈社会学基礎理論〉」があります。
選択科目としては、経済開発と人間開発の諸問題について研究する「国際社会論特殊講義Ⅰ」、日本と比較しつつ中国の社会保障・福祉政策を考察する「福祉社会演習Ⅰ」、情報社会論的な観点から現代社会の分析を行う「情報社会論特殊講義Ⅰ」、日米の社会福祉政策・ジェンダー政策から現代社会を分析する「福祉社会論特殊講義Ⅰ」、さらに専門社会調査士資格取得をめざす「国際社会論演習」などを開講しています。

前期課程の内容

博士課程前期課程は、社会学の理論を基礎にして、グローバルな視点からの日本社会と異文化社会の比較研究、福祉やコミュニティの実践的な研究、インターネットやソーシャルメディアに関する先端研究、さらに市民運動・貧困問題・ジェンダー・ガバナンス問題など、社会科学にかかわる多様な問題を研究します。

必修科目にはオムニバス科目として現代社会における女性の抱える問題を考える「社会学概論(1)」と社会行為や社会関係を理論的に考察する「社会学概論(2)」があります。選択科目には特殊講義と演習があります。特殊講義には、経済及び人間開発について研究する国際社会論、社会福祉をフェミニズムの立場から研究する福祉社会論、情報社会におけるメディアについて研究する情報社会論などがあります。演習には地域社会における市民活動の社会的意義について分析する演習、国内外の博物館における情報発信手法を多面的に分析する演習、現代社会における社会福祉学と市民・ボランティアの位置づけについて議論しながら分析する演習などがあります。また、専門社会調査士の資格取得科目「社会調査演習」も開講しています。論文指導は、学生のテーマに応じて行い、修士論文の完成を目指します。

後期課程の内容

博士課程後期課程は、グローバルな視野をもつ研究者や高度の専門的職業人の育成を目的としています。そのため、後期課程学生は、自ら積極的にテーマを設定して、自立した専門人として研究を完成することが求められます。

研究領域は、国際社会・情報社会・社会福祉の3つの分野を支柱としています。国際社会研究の領域では、ヨーロッパ・アメリカ・アジアと日本の社会現象の比較検討する欧米社会論、比較文化論などを研究します。情報社会研究の領域では、コミュニケーションの構造をふまえて、マスメディアやソーシャルメディアまで視野に入れた情報社会論などを研究します。社会福祉研究の領域では、例えば中国の社会保障制度や福祉政策を日本と比較する比較福祉学や、ジェンダーに関わる様々な現象を研究するジェンダー論などを研究します。グローバルな視点からの日本社会と異文化社会の比較研究、福祉やコミュニティの実践的な研究、インターネットやソーシャルメディアに関する先端研究、さらに市民運動・貧困問題・ジェンダー・ガバナンス問題など、社会科学にかかわる多様な問題を研究します。履修科目には「現代社会論特殊講義」と「現代社会論演習」があり、演習は3年間にわたって履修することで、自分の研究の方向づけをしながら博士論文の完成に向かって精進するコア科目となります。

修了時の要件

2年以上在学し、授業科目につき30単位以上を修得し、修士論文を提出し、かつ最終試験に合格した者には修士の学位が授与されます。

授与される学位

修士(社会学または学術)

目指す資格

高等学校教諭専修免許状(公民)、中学校教諭専修免許状(社会)、専門社会調査士 など

※教育職員免許状 すでに高等学校教諭1
種免許状(公民)または中学校教諭1種免許状(社会)を取得している者で、社会学専攻の課程を修了した者、または1年以上在学し、計30単位以上修得した者は、高等学校教諭専修免許状(公民)あるいは中学校教諭専修免許状(社会)が取得できます。

先輩の声
「ネット依存」社会との関わりから解決策を探る。

学部は情報文化学科に在籍し、授業でパソコンを使用することが多かったことから、私にとってインターネットは身近な存在でした。
日常生活を疎かにしてまでネットの世界に没入し、依存してしまう人の存在を知り、「なぜ依存してしまうのだろう」と疑問に思ったのが研究のきっかけです。
「ネット依存」を社会の働きによって解決する方法を探りたいと思い、進学を決意しました。
最初は文献研究を行いましたが、先行研究の少なさを実感し、NPO団体などにインタビュー調査を申し込みました。
更に研究を進めるうちに、韓国が国を挙げてネット依存の対策に取り組んでいることが分かり、韓国でも調査を行いました。
日本と韓国を比較することにより、人々への啓蒙活動や依存に陥らないための予防教育が重要だと実感しました。
ネット依存をテーマに講演したり、日本国内外で調査をしたり、と学部時代にはできない経験ができました。
時には行き詰ることもありましたが、1つのテーマにじっくりと向き合って研究できることが大学院の魅力だと思います。

前期課程社会学専攻修了  山本祐梨子さん 金城学院大学 現代文化学部 情報文化学科卒業 前期課程社会学専攻修了  山本祐梨子さん 金城学院大学 現代文化学部 情報文化学科卒業

先輩の声
学問だけではなく、多くの知識や感動を得られる場所。

近年、日本を訪れる外国の方々の来日理由に伝統芸能、文化、遺産以外に「マンガ」という声が多く聞かれるようになってきました。
「マンガ」は日本人にとって、子どもから大人まで男女関係なく馴染みがあるものですが、外国にも同じようなものは存在しています。それにも関わらず、「日本のマンガ」は各国で人気を得て、今では一種の社会現象にまでなっています。
この理由とは何かという疑問を持ったこと、そしてこれを活かすことで、日本のさらなる発展へと繋げていけるのではないかと思ったことが研究へのきっかけでした。
日本と海外の比較を行った結果、後世上の問題や多くの差異によって、日本には多様な対応ができる作品の豊富さ、そしてその背景を伺うことができたのとともに、今後も課題となる問題を明らかにすることができました。
また大学院での生活では、これまでに体験することができなかった、新たな世界を経験させて頂ける機会に多く恵まれ、学問だけではなく、多くの知識や感動を得られたことで、より充実した学生生活を送ることもできました。

大学院で研究するということは、決して楽ではなく大変ではあります。
ですがそのぶん修了時には研究に対する手応えと達成感が大学時以上にあり、大学院はそれを実感させてくれ、学ぶことの面白さを改めて与えてくれた場所でした。

後期課程社会学専攻修了  兼松篤子さん 金城学院大学 文学研究科 前期過程社会学専攻修了 後期課程社会学専攻修了  兼松篤子さん 金城学院大学 文学研究科 前期過程社会学専攻修了

先輩の声
大学院で見つけたことは、「一生研究していきたいと思うテーマ」。

周りを見まわしてみてください。
高級ブランド品が目に映りませんでしたか。
ある一説によると、モノグラム柄で有名な某高級ブランドの売上の約三割は日本市場が占め、日本女性の約四割がその高級ブランド品を持っている計算になると言われています。
街を歩くとブランド品を持っている人を見かけない日はありません。

「何故、日本人はブランドが好きなのか。」

大学生生活を送る中で、ふと思った疑問です。
その答えを知りたくて大学院への進学を決めました。

博士論文では、「日本におけるブランドの本質とその変遷 ―外郎からルイ・ヴィトンまで―」をテーマに、江戸時代から今日までのブランドの確立と変遷のプロセスを論じました。
まず、現在でも名物とされる有名な商品の起源を江戸時代に求めることにより、ブランド商品の発生のメカニズムを解明することからはじめました。 そして、鎖国からの開国を機に、西洋の生活習慣に根ざした商品や風俗を貪欲に吸収する日本人のたくましい吸収力が、後の海外高級ブランド直営店の店先に早朝から列をつくり、いくつも買い求める日本人のブランド好きのルーツへとつながっていく過程を探りました。
その結果、今日の日本人が海外高級ブランドに対して高い支持を寄せるのは、日本の庶民の中に、江戸時代から明治時代にかけてできた日本独特のブランド形成のメカニズムと素地が備わっているからであるという結論を導き出しました。

興味あることへの追及はとても楽しく充実していましたが、一方で納得できる答えが見つからず、出口の見えない長いトンネルをさまよい歩いているような日々でもありました。
寝てもさめても研究の事で頭がいっぱいでした。
しかし、自己の論が確立された時は、真っ暗闇に一本の光が差したような、言葉では表現しきれない大きな喜びがあります。
研究には強い信念と情熱が必要です。
そして多くの人の支えによるものであることは言うまでもありません。

私は大学院で一生研究していきたいと思うテーマを見つけることができました。
また、多くの学びと共に、人としても大きく成長できたと感じています。

後期課程社会学専攻修了  兼松篤子さん 金城学院大学 文学研究科 前期過程社会学専攻修了 後期課程社会学専攻修了  兼松篤子さん 金城学院大学 文学研究科 前期過程社会学専攻修了

ページトップへ