金城学院大学大学院 文学研究科

文学研究科[前期課程/後期課程] 国文学専攻

学びのポイント

国文学は、日本に固有の言語文化を総合的に研究する学問として古い伝統を持ち、日本文化研究の根幹に位置づけられています。
国文学専攻では、3つの領域、(1)日本文学、(2)日本語、(3)日本語教育について学習・研究できます。前期課程では、それぞれの領域に関する基本的知識を確かなものとし、より専門的な研究を進めるための能力の育成をめざします。
文献調査・読解能力の育成や、文学、文化、言語、言語教育に関するさまざまな理論や研究方法の習得をはかります。
そのために、領域別、時代別に特論・演習を開講し、各自の問題意識に基づく研究を幅広い視野のもとに進められるように配慮しています。
日本語教育に関しては、とくにその実践的な能力の育成に力を入れています。

前期課程の内容

 国文学専攻の博士課程前期課程は、日本文学、日本語、日本語教育の3領域に対応しています。この3つの専門領域に関して、学部教育で身につけた知識・教養をもとに専門研究のための基礎力を養います。

日本文学、日本語に関しては、時代別・ジャンル別に特論、演習を開講し、各自の研究テーマが、幅広い視野でとらえられるよう配慮しています。また、日本文化の本質に迫るための比較文化的な視点を取り入れ、伝統的な文学・語学研究について実践的理解を深めると同時に、新しい文学・語学研究の動向に対する理解を促します。

日本語教育に関しては、特論・演習を通して徹底して日本語教育法の実践的な技術の習得を図るとともに、日本語関連科目や特殊研究によって日本語教育の根幹となる言語理論に対するより専門的な理解が深まるように配慮しています。また、専攻の特色を生かし、日本文化に対する深い理解に基づく日本語教育の実現をめざしています。

後期課程の内容

博士課程後期課程においては、前期課程で身につけた日本文学、日本語、日本語教育に対する専門的な知識を深化、充実させ、文化的事象を研究する能力や、教育のための実践的技術を高め、発展させます。これによって、各自が研究者として自立できるように細やかな指導を行ないます。

古典文学研究領域においては、あらためて各自の研究テーマを先行研究のなかに位置づけ、検討し直します。前期課程以上に広範で精密な文献調査、分析考察の技術が求められます。近現代文学研究領域も基本的には、古典領域と同じですが、加えて社会的文脈や比較文化的な文脈に留意し、文化的歴史的資料体のなかで問題を再検討することが求められます。

国語学・日本語教育研究領域では、語学研究の専門度をより高めると同時に、日本語教育法自体の理論的研究という側面がより重視されます。

修了時の要件

2年以上在学し、授業科目につき30単位以上を修得し、修士論文を提出し、かつ最終試験に合格した者には修士の学位が授与されます。

授与される学位

修士(文学または学術)

目指す資格

高等学校教諭専修免許状(国語)、中学校教諭専修免許状(国語) など

※教育職員免許状
すでに高等学校教諭1種免許状(国語)または中学校教諭1種免許状(国語)を取得している者で、国文学専攻の課程を修了した者、または1年以上在学し、計30単位以上修得した者は、高等学校教諭専修免許状(国語)あるいは中学校教諭専修免許状(国語)が取得できます。

先輩の声
日本語教育を学びに海外留学も!本当に充実した大学院生活でした。

高校生のころから日本語教師という仕事に興味を持ち、大学4年間で日本語教育を中心にたくさんのことを学んできました。
海外で日本語を教えたいという目標に少しでも近づくために大学院への進学を決めました。
大学院では、日本で生活を送っている外国人児童を対象とした日本語習得に関する研究をテーマに論文を執筆しました。
また、大学院2年生の後期には約5カ月、台湾の淡江大学に留学しました。留学先の大学院では、日本語を使って授業が行われているため、中国語がほとんど話せない私でもストレスなく授業に集中することができました。
そして、留学先では、単に一学生として日本語教育を学ぶだけでなく、TAとして学部生に日本語を教える機会もありました。自分で授業構成を考えたり、学生にわかりやすい指示を出すにはどうしたらいいかと悩んだり、教えることの難しさとやりがいを感じることができました。 約5カ月という短い期間ではありましたが、非常に充実した留学生活を送ることができました。

大学院での2年間は先生方や院生の仲間に支えられながら自分らしく成長できた、かけがえのない時間となりました。

前期課程国文学専攻修了 竹内祥恵さん 金城学院大学 文学部 言語文化学科卒業 前期課程国文学専攻修了 竹内祥恵さん 金城学院大学 文学部 言語文化学科卒業

先輩の声
学びを深めることの楽しみを教えてくれる大学院生活。

私は、大学入学後、日頃当たり前に使用している言語の仕組み、又それをどう獲得したかを初めて学びました。知れば知る程興味深く、言語学の研究に惹かれていきました。卒業論文の執筆を通し、もっと学びたいという気持ちがより強くなり、進学を決めました。

大学院では主に第一言語獲得に加え、英語教育にも興味があることから、第二言語習得の研究も行っています。研究を通して、論文を読み、知識を得るだけではなく、そこから考え、自分の考えを伝える力も学ぶことができます。悩むこともありますが、先生方や先輩方が優しく相談にのってくださいます。また、共同研究では、他の院生と意見を交換し、考えることで、一人で行う研究とは違った研究の楽しさも知ることができます。大学院での生活は、大学時代とはまた異なる充実した学びの時間をもたらしてくれます。

前期課程国文学専攻修了  横地 美帆さん 金城学院大学 文学部 日本語日本文化学科卒業 前期課程国文学専攻修了  横地 美帆さん 金城学院大学 文学部 日本語日本文化学科卒業

先輩の声
調査や考察を重ねることで得る新たな発見が研究の魅力。

私は学部での4年間を通して文学を研究することの面白さを知り、大学院へ進学しました。

前期課程では、太宰治の小説『斜陽』を研究対象とし、なぜこの作品が一般の人々の興味を惹き、「斜陽族」という流行語が誕生するほどのブームになったのかということを、当時の新聞や雑誌、演劇などを調べてデータを集め、考察しました。
調査の結果、自分で立てた仮説どおりだったときはもちろん嬉しいのですが、仮説とは違っていても新たな発見があるのが、研究の魅力です。調査や考察を重ねることでこれまでにない疑問や考えが生まれ、もっと研究を続けたいと思い、後期課程に進むことを決めました。

後期課程に進んだことで、学会での発表や論文の執筆など、自分の研究を発信する機会が増えました。発表を通して自分では考えつかなかったような意見やアドバイスをいただき、それが研究の深化につながることも多いです。今後も、研究の面白さを日々実感しながら、研究を発展させていきたいと思います。

前期課程国文学専攻修了  服部 このみさん 金城学院大学 文学部 日本語日本文化学科卒業 前期課程国文学専攻修了  服部 このみさん 金城学院大学 文学部 日本語日本文化学科卒業

ページトップへ